hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

オズ「NOTiCE」 

NOTICE
オズ「NOTiCE」
沖縄出身の男女3人組ロックバンド、オズの2nd。
メンバーが一人卒業し、表面上3人での活動になってからの初の作品。木村カエラ、きゃりーぱみゅぱみゅといった、いわゆる青文字系ファッションにカテゴライズされるバンドです。ファッションのことはてんで分からないのですが、音楽的にはガーリーでパンキッシュなキャッチーサウンドを特徴としています。何故かカタカナが多いな…

冒頭の「you」はラップありコーラスありの派手な幕開け。「君の手」はロック色強めのキャッチーなイントロに始まり、疾走感があるが歌詞には切なさも入り混じる曲。「パイレーツ」は円周率をモチーフにしたコミカルな数え歌的な曲。彼らは自らを海賊団と称してツアーをしているようで、円周率π(パイ)の列とパイレーツをどうやらかけているらしい。オチで触れているのだけど、円周率は割り切れてないから
リード曲「Loveless Child」はストリングスアレンジに始まり、これまでの流れからは想像のできないシリアスな曲。speenaの1stにおける「ジレンマ」的な存在感。リード曲にだいぶ重みのある曲を選んでいるせいで、すっかり作風が変わったのかと思っていましたが、全体を見渡すとそうでもなかったですね。
「ラブアドール」はこれまたロックなイントロで、ロキノン系が好きなら反応してくれるようなクールでキャッチーさがある。彼らの一つの魅力としてはイントロの出来が良いことが挙げられそうです。「よる」は早口のちょっとコミカル風なAメロから心地良くサビに入る。間奏もなかなか。ドライブにもよさげ。
「はなび」はバラード系の曲になると思うが、上手くはなっているものの、ボーカルが表に出る曲になるとまだ苦しいな。「NEVERLAND ROCK」はちょっと重ためのロック曲。好きな曲。"自分のケツは自分で拭く だってそれが自由の代償"というフレーズが良い。サイサイだったら絶対出てこないフレーズである。逆に聴いてみたいが。

独自性が強いバンドという印象はあまりなかったのだが、音楽的に近い存在が意外と思い当たらない。いや、いくつかいるんだけど、なんかしっくりこないのであえて書かないことにする。ちょっとやんちゃでコミカルな部分もあって、ファッション系にも関係があって知性はあまり感じられないけど真っすぐに真っ当な歌詞が書けて…というのが特徴ですかね。各楽曲の個性もしっかりあり、アレンジも頑張っている。でも何故かハマり度が低い。彼らよりも音楽的にはベタな気がする7!!とかサイサイの方が惹かれるものがある。こればかりは完全に好み、しかも見た目の問題になるのだが、ヤンキーっぽい出で立ちの人が苦手であることから音楽的にもハマっていない気がする。こういう先入観を取っ払ってこそ、ちゃんとしたレビューになるのだと思うが、私はそこまで聖人君子なリスナーではない。むしろサイサイに"自分のケツは~"と歌ってほしいとさえ思うゲスなリスナーなのでご容赦願いたい。

★★★☆




関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/125-7ffbc238
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。