hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

柴田淳 CONCERT TOUR 2013 月夜PARTY vol.4@福岡市民会館 

COVER 70’sあなたと見た夢 君のいない朝

当ブログ始まって以来、初の邦楽ポップスライブレポです。

七夕の夜、しばじゅんという女神(緊張大魔王)が福岡の地に降り立ったので、観に行きました。
カバーアルバム「COVER 70's」とオリジナルアルバム「あなたの見た夢 君のいない朝」を引っ提げてのツアーとなっています。
参考までに、"柴田淳 美人"で検索すると検索結果上位で出てきてしまう当ブログの「あなたの見た夢 君のいない朝」のレビュー記事はこちら

以下、ネタバレおよびしばじゅんライブ新参による駄文の数々にご注意下さい。

もろもろの感想(※セットリストを全部書いているわけではないです。)
・座席はギリギリでチケットを取ったので、2階のほぼ最後列。まあ音響が近すぎても良くないしね(ちょっと涙目になりながら)。というわけでこの利点(?)を生かして上から観客を観察。彼女のファン層はどんなものなのか前から気になってはいたので。年齢層は幅広く彼女より一回り二回り上の方もいれば、下の方も大勢いる。男女比はほぼ同じくらいな気がしましたが、男性の方がやや多かったでしょうか。

・開演前、川のせせらぎ、虫や鳥の声、蛍の光と夏の夜らしいステージ演出に癒される。中央に噴水のある凝ったステージです。そのまま演者が出てきて開始かと思いきや、開演ブザーがでっかくブーと鳴ってなんだか興醒める。先に鳴らしておいて欲しい。

・そしてしばじゅん登場。白っぽいドレス姿。美しい。でも遠い(涙目)。
・1曲目は「HIROMI」。歌上手すぎワロタ。口からCD音源いやそれ以上か。
・2曲目に個人的最近のお気に入り「雲海」が。 早くも泣きそうになったよ。ドラムがいいのです。
・「ノマド」は2010年代版「異邦人」みたいな位置付けの曲だなと聴いてて思った。これもバックバンドの演奏が映える曲でした。
・「あなたの手」、「青春の影」と各アルバムのリード曲が連続。「青春の影」の演奏が終わらないうちにしばじゅん離脱。
・熟練のバックバンド(C.C.KING+坂本昌之)によるインスト演奏。インスト熱がちょうど高めの私にはかなりツボだった。一般的な知名度は低いのかもしれないけど、こういう方々が屋台骨として今の音楽を支えてくれているのです。



・しばじゅんは黒のドレスに衣装チェンジして再登場。おーいいね。
・「異邦人」から始まるカバー曲メドレー。やっぱりこの時代の歌謡曲ってエキゾチックな要素と哀愁が強くて好きだ。今のJ-POPに足りないのはやっぱり民族音楽成分だなあと。私がアニソンに期待しているのも多分これを求めているからなんだと思います。
・七夕なので星の歌、ではなく月の歌をということで「紅蓮の月」と「月光浴」。またしても心の中で大歓喜。「月光浴」は一番好きな曲だったので聴けて良かった。鳥肌立ちまくりなんだが。
・「青の時間」は照明の演出が激しい。しばじゅんの曲って結構ロックである。ただここでしばじゅんミスる。以前観に行ったSFPのライブでもトラブルに遭遇したことがあったし、ライブはナマモノだなあと改めて感じました。頭真っ白になってテンパるしばじゅん可愛い。
・"本編"のトリは「道」。いい曲だとは思っていたがこの曲に対する解釈を私はかなり間違っていたようだ。

アンコール
・グッズのTシャツを着たしばじゅん登場。健気に物販のグッズ宣伝するしばじゅん可愛い。着ていたTシャツの宣伝を忘れかけるオチつき。
・観客のリクエストした曲をアカペラで歌うしばじゅんで遊ぼうのコーナーが始まる。観客のおもちゃにされる36歳独身。わーわーリクエストが飛び交ってくるわけです。
・主に歌ってたのは「桜吹雪」、「オリビアを聴きながら」、中島美嘉に提供した「声」、リクエストが多いらしい「夢」ほか。
・マーヤに提供した「秘密」とかも聴いてみたい。
・結構忘れている曲もあるみたいで、"しばじゅん本"を捲っていました。
・リクエストに対して『いやだ』とか『考えとく』とあしらうしばじゅん可愛い。同世代17歳の声優さんにも負けていない。
・終にはワンオクのリクエストまで出てくる始末。『歌えない』って言ってました。
・twitterでの公約(?)通りラピュタ(「君をのせて」)も歌う。井上あずみより哀愁度がアップしています。これは「COVER 80's」くるか。
・そうこうしているうちにバックバンド陣が登場してラスト3曲。「青の時間」のリベンジ。キーボード/ローズの森さん推し曲の「片想い」。大トリは「キャッチボール」でした。
・そして、スタンディングオベーション。
・終演後のアナウンスにまで本人登場。なかなか帰らせてくれないしばじゅんでした。

以上、長々と書きましたが、

結論:しばじゅんは全てにおいて美しすぎる。(異論は認めない。)

もうこれだけでも世間にもっと伝われば十分です。今回初めて生で観て、これは揺るぎないものになりましたね。

あっという間の2時間30分。ライブ欠乏症だった私に癒しと感動を与えてくれました。あぁまたライブ行きたい。

関連記事
スポンサーサイト

category: たまには外で音楽を

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/118-0084109e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。