hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

オモイメグラス「カシから生まれた抽象」 

カシから生まれた抽象
オモイメグラス「カシから生まれた抽象」
福岡出身の男女4人組ロックバンド、オモイメグラスの1stミニ。
空想委員会の所属レーベルから出てきた2012年結成の若いバンドです。バンド名については"想い、廻らす"が由来のようです。ほとんど情報を得ないまま聴いてみましたが結構良い作品です。

リード曲「速度」は人との繋がりを歌うじわじわと切なさがこみ上げてくる曲。終盤が良い。
「絵空事が戯言」はダンサンブルな四つ打ち曲。そこまでノリのいいことを言っている曲ではないですが。
「ReS-02」はほぼインスト曲。これは面白い。環境音を混ぜたアシンメトリーな構成は玄人っぽい。アート志向の強さも感じられます。
「11back」は疾走感のあるバンドアンサンブルを存分に楽しめる曲。開けた感じのサビの爽快さが心地よい。イレブンバックってどこかで聞いたことある言葉だと思ったら大富豪か。
「セレンディピティ相まって」は少し浮遊感のある不思議なイントロで引き込まれるリズミカルな曲。
「『    』」も「オープニング」もそうだが、ずっと暗くじめじめしているわけでは決してなく、全部前向きではあるんですよね。

楽曲の特徴としては、バンド名通り自己や他者をめぐる思いの数々を抽象的に示したものが多いです。極端に明暗をはっきりさせないミディアムな感情、いわば平熱に近い音楽。意外とこれを上手く表現できる人って数が少ない。音楽の印象の強さを考えると、ここをわざわざ表現しようとは思わないのかもしれないが。なんとなくだが、中村中が好きな人はハマるかもしれないと直感的に思った。もっと最近の若手で言えばハルカトミユキを抑えめにした感じでしょうか。
ボーカルは"可愛げ無い"とやや自嘲的な紹介をしているが、柴咲コウをもう少し低音にしたような雰囲気があり硬派な詞世界に凄くマッチしている。クールで媚のない歌い方はほんのり憂いも感じられて好印象。可愛い系ボーカルを聴くことが多い中でこういう歌が入ってくるとよく目立ちます。
タイトルを見ても意味が伝わらず、考えていることが内面的で少々理解するのが難しい。ただ、音楽そのものからはそこまで敷居の高さを感じさせず、ダンスロック的に体が動きやすい曲も多いです。間奏に聴きどころが多いのも一つの強みだと思います。まだ、これという強い個性は足りない気もするが、バンドキャリアが浅いながら安定した曲作りをしています。可愛い系ボーカルバンドのような派手な売れ方はしないかもしれないが、個性派バンドとして成長していく伸びしろは十分あると思います。同レーベルの空想委員会に近い飾りすぎない素朴さも感じられるので、彼らが好きな方は是非こちらもチェックしてみて下さい。

★★★★


バンド名をオモイメ/グラスと区切って何のこっちゃと思っていました。失礼。


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/116-40913aad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。