hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

タルトタタンの2作品 

今回は、元相対性理論の真部脩一と西浦謙助がプロデュースを手掛ける女性2人組ユニット、タルトタタンの同日リリースの2作品を紹介します。自分でも好きなのか嫌いなのかわからない支離滅裂レビューです。


1st LIVE @ SHIBUYA WWW
タルトタタン「1st LIVE AT SHIBUYA WWW 20120901」
2012年9月1日に行われた初ライブの音源を収録した作品。この時点でメンバーがすでに初期から一人交代しているのでオリジナルアルバムとは"声"が異なる。私は初期にいた小野さんの声が一番好きだったので、このアルバムについてはあまり語ることがない。田渕ひさ子も参加しているバックバンドの演奏は手堅くて安心感があり、今作の一番の聴きどころ。2人がお互いにキーボード演奏するのもまあいいんじゃないでしょうか。ボーカルは聴けなくもないが特別ライブならではの良さがあるわけでもない。逆に素人臭く若干ハラハラさせられるあたりに面白味を感じれば、もうそれはタルトタタン中毒者に違いない。元々9曲しかないオリジナルをなぜ2曲削ったのか。「モカモカ」はどうした。


TETRAD ENHANCE~tartetatin remix album~
タルトタタン「TETRAD ENHANCE」
こちらはリミックスアルバム。1曲ごとに違うアーティストがリミックスを手掛けています。私が知っていたのはtofubeats、DJみそしるとMCごはん、そして西浦謙助くらい(ちゃっかり参加してる)。この手のジャンルのアーティストはホントにわからない。気になったのは Lil'諭吉の「恋するカレンダー」、(S_S)の「しょうがないマイラブ」、okadadaの「epoch making love」の3曲ですかね。「しょうがないマイラブ」はファミコン風アレンジでYMCKみたいだ。「epoch making love」はいろんな音が混ぜこぜになっているが凄く洗練もされていて気持ちがいい。西浦氏の「モカモカ」はパーカッション地獄でジャングルに迷い込んだような気分になる。本人初のリミックスらしいが個性は他と比べても負けてないですね。私はほとんど知らなかったが、メンツは豪華なようなので玄人受けはするのかな。自分が知らないものを玄人の趣味にすり替えるのも問題ありですが。



2012年6月にデビューしたユニットであるが、第1期メンバーは学業専念のため今作をもって早くも卒業。現在(2013年6月)は新メンバー2人が決まりライブ活動を始めているタルトタタン。メンバー入れ替えの驚くべき速さとか活動の不安定さが垣間見えて正直大丈夫なのかとは思ってしまう。バイトでやってるんじゃないんだから。比べるのも悪いですが、やくしまるえつこは割りと地に足の着いた活動をしていますしね。だからまるえつに「私が本体だ」って感じで切られるんだよ。
このブログで彼女らを初めて知ったというような人は少ないとは思いますが、今作を聴く前にまずはオリジナルの「テトラッド」を聴くことからお薦めします。自分で紹介しておいてアレだが、この2作まで聴くのはよっぽどの物好きなんじゃないだろうか。


手頃な動画が見つからないのでハナエちゃんをどうぞ。似たようなものです。


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/109-31adc9d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。