hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

小南泰葉「キメラ」 

キメラ
小南泰葉「キメラ」
兵庫出身の女性シンガーソングライター、小南泰葉の1stフル。
2012年は2作のミニアルバムを出す等、注目の新人として精力的な活動をしてきた彼女。音楽活動から離れていた時期を含めると意外と下積みが長く、今作はそうしたこれまでの活動の集大成と言うべきベスト盤的な内容になっております。注目を集め始めた頃から、椎名林檎フォロワーの筆頭みたいな言われ方をしている(と私は思っている)のですが、今作をしてようやく彼女のオリジナリティーが明確になった気がします。

序盤は彼女の代名詞的な痛快なロックナンバーが立て続けに2曲。「嘘憑きとサルヴァドール」は1stミニより。一番好きな曲。"かみさまのいうとおり"や"指きりげんまん"といった誰でも知っているフレーズを上手く散りばめている。サルヴァドールと言うと私はダリを思い浮かべるのですが、そもそもの救世主という意味で使っているらしい。独特の死生観や宗教観があるというべきなのか扇情的なフレーズでインパクト重視なのか。いろいろ考えてしまうが、畳み掛けるようなスピード感のあるサウンドを純粋に楽しむだけでも十分良い曲だと思います。
『「善悪の彼岸」』は単体ではいい曲だけど前曲と雰囲気が被り過ぎているのがちょっと難あり。今作は全体通すとだいぶ頭でっかちな印象を持ってしまった。
リード曲「やさしい嘘」はこれまでの主流とは違う大人しいアレンジの曲。音楽と詞のバランスで言えば一番しっくりくる曲。サビの詞がストレートでなかなか切ない。"泰葉と変な名がついて"と謎めいた彼女のパーソナルな一面も見られるが、相変わらずJ-POP的な僕っ子なのであった。
シングル曲「Trash」は得意パターンである光と影がテーマとしてある。構成次第でもうちょっと盛り上がれる曲だと思うのだが、いまいち乗り切らずに終わる。

新曲揃いの中盤は結構頑張っているなあと思いました。
「パロディス」は曲調は愉快な方だが、歌詞はシニカルな雰囲気。"芸術は何時の日にも報われない"だとか"芸術は探偵が調べ上げ 折角引いた他人との境界点も線も蹴散らしてしまった"のあたりに強い主張を感じる。「コウモリの歌」はどこら辺がコウモリなのか行間が読めてないが、シンプルなアレンジで落ち着く。
「Drink me」はカオスさも混在したロック曲。韻を踏む複雑な歌詞のAメロに対してサビは英語詞で思いっ切りシンプルに。「パンを齧った美少女」は軽快なポップロック曲。"はい再生"の中毒性の高さ。"ゲームオーバー"という詞から扇愛奈の「レベルアップ」が連想されたが別に似ているわけではない。

「世界同時多発ラブ仮病捏造バラード不法投棄」はインディーズ時代の曲でタイトルが狙いすぎて訳が分からないことになっているが曲自体は正統的。実質ラストの「怪物の唄」は刺激の強い文言が多いが"命"を軸にした曲。自らの中の怪物、キメラが吐き出した音楽。憑依系歌手と志向は近いのかもしれない。

ラスト2曲はインディーズ時代の曲である「藁人形売りの少女」と「Soupy World」。ここからは小言。なぜボーナストラック扱いの曲が2曲もあるのだろう。個人的にはボーナストラックはアルバムの流れを断ち切って蛇足的なイメージがあるのでそもそも好きではない。変にハードルが上がるせいか、あまりこの手の曲でボーナス感を感じられたことが実際ほとんどないというのも理由にあるのですが。アルバムの流れ的には「怪物の唄」で明らかに締めに入っているので、余計間が悪い感じがするのです。本人的に思い入れのある曲だとは思いますが、収録するとしたら切り離さずに曲順を考えて中に入れても良かったのではと思います。

テーマとしては生と死、光と闇、善と悪といった対立軸を据えたものが多いです。歌詞は刺激の強い、時にグロテスクなものも多いが、防衛本能が故の言葉選びのようです。理論武装ならぬ言論武装。ありのままをぶちまけるというより、あえてそういう過激な言葉を使って婉曲な表現にしている。今年の作品で言えば惑星アブノーマルと大森靖子の間くらいに位置する歌詞(と言ってわかる人がいるのか)。それとは対照的に音楽は割りと正統派ロックなものが多く、あまり奇を衒っている節がないと感じた。ちょっとクセのある類似品を聴き過ぎたせいかもしれないが。詞を意識しなければ割りとさらっと聴けてしまう。ここが良い面でも悪い面でもある気がします。線の細さのためか枯れるように歌い上げる部分については好き嫌いが出そうな気がする。1曲目並にアクがある方が個人的には好きですが、あまりにその路線を進み過ぎると、フォロワー扱いになるので難しいところ。期待はしているんですけどね。

★★★★


もっと若いイメージだったのだが、経歴から推測すると宇多田ヒカルとかと同世代なのでは。


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/107-6bc60fbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。