hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

kiyomi「私のやさしい言葉に何の真意もない」 

私のやさしい言葉に何の真意もない
kiyomi「私のやさしい言葉に何の真意もない」
東京を拠点に活動する女性シンガーソングライター、kiyomiの1stミニ。
今作が初音源化作品のようですが、歌手としてのキャリアは結構長いご様子。昭和歌謡的なレトロさが漂うサウンドにパンチと艶のあるボーカルが特徴的。アルバムタイトルが完全に突き放しにかかっていてSっ気たっぷりな雰囲気。

「親愛なる人間パッパラパ」はインパクトの強いリード曲。これは本当に2013年の音楽なのだろうか。昭和にタイムスリップしたかのような本格派歌謡ロック。ちょっと切迫感のあるピアノアレンジがやはり印象に残る。家入レオも真っ青の"パッパラパ"である。どうでもいい話だが、何故かこの曲を聴いて妖怪人間ベムのアニメOPを思い出した。チョイスが古過ぎか。
「やさしい言葉のつかい方」はアルバムタイトルが歌詞に含まれている。なんというか感覚が大人過ぎるのかよく分からない世界。「ようこそ」もすごく懐かしい曲調。この時代を生きていない人間に懐かしいという資格があるか分からないが。こんなベタベタな歌謡曲嫌いじゃないです。もう一度言うが、本当にこれは2013年発売のCDですか?
「かわいい女」も同じく言葉の選び方からしても全く今風な部分がない。軸がぶれなさすぎ。「会いに行くよ」は倦怠感のある歌い方。これほど"あんた"という歌詞が合う女性SSWも最近じゃそうはいない。

正直なところ、1曲目のインパクトが強すぎて後に続く曲がそれほど印象には残らなかった。1曲目はレトロながら新規性も垣間見えた曲ではあったのが、それ以外は本当にレトロ以外の何物でもない。完全に生まれる時代を間違えたような。全編通じてある時代錯誤な感じは、若い層よりも中高年以上の年齢層の方が受けがいいかもしれないですね。特にキノコホテルのようなバリバリのヴィンテージものが好きな方にはお薦めです。

★★★☆


モノクロでクールなMV。なんだこのハイセンスさは…


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/106-a82c5f93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。