hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

Tam Tam「Polarize」 

Polarize
Tam Tam「Polarize」
2008年結成の男女5人組バンド、Tam Tamの1stミニ。
おそらく当ブログで紹介できる範囲ではかなり玄人受けする部類のバンドではないかと思います。と言うのも、彼らの音楽のバックグラウンドがレゲエ、ダブと言った個人的に聴き慣れない種類の音楽だからです。でもこれは素人耳にも良いと思った。直感的に良いと思うんだが感想を書くのはやはり難しい。クラブミュージックのカテゴリーとして店頭には並んでいましたが、このジャンル開拓しようか迷うな…

「Polarize」はエレクトロアレンジが効いたリード曲。要はちょっとピコピコしています。前作1stフルも聴いたのですが、この曲に代表されるようにシンセ等が入っている今作の方がより好みです。楽器的なボーカルも伸び伸びとしているが憂いも感じられて好きですね。
「Hippopotamus」は直訳すればカバになるわけですが別に詞には出てこない。抽象的ですが切ない系の詞ですね。浮遊感と高揚感のあるミニマムなアレンジ+ストリングスが印象的。
「Quiet Town」も洒落てるなあ。メロディオン(鍵盤ハーモニカ)の音色がイントロとアウトロに入り印象的。メロディーはシンプルだが周りの音がいろいろ変化に富んでいて面白い。
「Moonlight」は深みに嵌っていくようなサイケっぽい長いインスト部分を経て、主旋律がちょっと歌謡曲みたいな不思議な歌が始まる。"ひとりふたり"とか"のらりくらりゆらり"とか韻の踏み方が心地よい。体が自然と動く個人的に一番好きな曲。
「Hero」は攻撃性が高くきらきらと緻密なアレンジがカッコいい。"Escape Escape"とスタイリッシュ現実逃避。
「Apple」はちょっと重く暗めの音に吸い込まれそうになる。この感覚を形容できる言葉が見つからなくて悔しいが、とにかく音の重ね方が凄まじいのですよ。

わずか6曲ながら濃密な一作。作風はJ-POPで一般的に聴かれるものから離れるかもしれないが、A,Bメロ→サビみたいなポップスとしての正攻法の流れで曲は作られているので、ジャンルの違いによる敷居の高さはなくすんなり受け入れられた。広い層に受けるかは分からないが、多分SFP初期のようなエレクトロ交じりのポストロックが好きな人なら1曲目でハマってくれるはず。歌詞は割りとシンプルな繰り返しが多く、私としてはこのくらいの方が音に集中できてちょうどいい。ジャンル的に比較できる人が少ないというのもあるかもしれませんが、若いバンドながらかなり実力はあると思います。
以前レビューしたSOARINGや、ZABADAK等もそうですが、他ジャンルの音楽を吸収して邦楽のロックやポップスとしても絶妙な距離感で色も出せる人は素直に凄いと思うわけです。逆にR&BみたいなのはJ-POPに寄り過ぎた中途半端な人が増えて、本格派が埋もれる悪い例になるかもしれませんが。同じように考えれば演歌歌手がアニソン歌うのも独自性が出てしかるべきなのかもしれないと余計なことを思ったり。

★★★★☆


やっぱりこういう目で見ても面白いものを追求してこそアーティストなんじゃないかと。


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/100-c7148f2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。