hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ESNO「Release」 

Release
ESNO「Release」
Kenichiro Nishiharaによるソロプロジェクト、ESNOの2nd。
全てから解放されるサウンド。

ジャケットを大絶賛した前作「Visionary」から3年ぶりのリリースとなった作品。エレクトリックでありながら、その響きは有機的であり心が洗濯されます。前作に続くRayボーカル曲「CME」はピアノの流れに癒され、「21時のクラゲと月 feat. ボンジュール鈴木」、「夕暮れパラレリズム feat.daoko -rework-」と新進気鋭のウィスパーボイスの使い手を擁した2曲は今作のハイライト。瑞々しさと切なさの入り混じる様がなんとも美しくうっとりさせられます。ヒップホップアイドルを起用した「ターニングポイント(on the turntable) feat. yumi(from lyrical school)」もなかなか。後半では、多重録音したコーラスが綺麗にまとまり多幸感のある「Afterwardness」が特に良かったですね。日本語詞のゲストボーカル曲を入れたことで、前作よりも楽曲のイメージが掴みやすくポップな印象が強くなりました。何かから解放されたい、癒されたい方におススメ。

★★★★☆


こしょばゆい。


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。