hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

KANA-BOON「TIME」 

TIME
KANA-BOON「TIME」
大阪出身の男性4人組ロックバンド、KANA-BOONの2nd。
時は来た!それだけだ。

2015年上半期、ゲスの極み乙女。に続いてブレイクしたのは彼らだったかもしれません。最大瞬間風速と言わんばかりの今の勢いを詰め込んだ一作です。

最初から最後までノンストップに得意の四つ打ちテンポを軸に突き進んでいます。今作のタイトルをなぞった一曲目「タイムアウト」から、「LOL」、「ターミナル」と立て続けに縦ノリ進行。「ターミナル」はシングル曲っぽいオーラを感じて良好。

新時代のロックバラードってもしかするとこんな感じ?なシングル曲「結晶星」を経て、「クラクション」、「フルドライブ」と言わんとしていることが似ている2曲が並びます。「フルドライブ」はAメロの雰囲気は好きなんですが、サビが淡泊に聞こえるが少々残念。何はなくとも突き進む明快さは気持ちが良いですが。

「生きてゆく」からの3曲は比較的シリアス路線。「スコールスコール」は演奏とテーマのマッチングという意味では一番出来が良く感じました。「愛にまみれて」は最もスローテンポでドラマチックな展開にはしていますが、今一つピンとこないなあ。

シングル曲「シルエット」が今作のマイベスト。王道を走ることに萎縮しない力強さを感じます。とても"ひらり"という感じではない雪ソング「スノーグローブ」、過去から未来までを描いたここまでの集大成「パレード」でフィニッシュ。

タイトル通り、現在、過去、未来、瞬間、悠久、記憶、輪廻…といった時間に関わる概念を盛り込んだ普遍的な思想のテーマが多い作品。楽曲はテンポよく若さを感じ、ボーカルは相変わらず素人臭いのですが、どこか横綱相撲のような安定感が備わっており、奇を衒った若手とは一線を画すような風格を感じさせました。彼ら自身、ロックというよりJ-POPのステージで勝負するという意識が強くなっており、(いろいろなバックアップもあったはずだが)それが結果に結びついたように思います。ただ、ど真ん中を走り過ぎていて突っつき甲斐が皆無に等しい。彼らの『時』は来たのかもしれませんが、往年の名バンドと肩を並べるには時期尚早ですね。

★★★★


トークショーで見たときはただの大学生かと思いましたが。


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。