hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ハナエ「上京証拠」 

上京証拠(初回限定盤)(DVD付)
ハナエ「上京証拠」
福岡出身のシンガー、ハナエの2nd。
毒可愛いの境地。

前作「十戒クイズ」に引き続き、全編真部脩一プロデュース。『kawaii』のポップアイコン的な存在として微笑ましく聴いていた前作に比べると、より素の表情を見せた作品になっています。

冒頭の「EXODUS」はテクノポップ+ヒップホップな曲。今作のタイトルに沿って"上京"をテーマにしており、早速彼女のパーソナルな部分が垣間見えてきます。『私がバカに見える歌詞書かないでよね、ったく…』というアドリブめいた毒っぽいセリフが最後に放たれるのですが、ここも作為的なのでしょうか。

「神様の神様」は「神様はじめました」の流れを汲むシングル曲。雅で華やかなアレンジにキュートさもあってグッド。「それってMagic」は日常風景をウィスパー度高めであざとく歌うタイプの曲。「Rainbow Love」も純粋にkawaiiを前面に出したタイプであり、さらにテクノポップ寄りに。

中盤はいかにも相対性理論っぽさを残した流れになっていますね。イケメンという言葉が蔓延っている中「ハンサム」なんて曲を出してくるあたりはへそ曲がりでいいなと。「インテリジェンス」も"IQ306"とか言っている時点でお察し(ryみたいな一芸必殺の曲で、理論の初期の作風とも被ります。「Dear My Hero」に至ってはノリが良くなった「小学館」ですし。

出オチタイトルの「フィクション大魔王」は歌詞の中身も語感を重視しておりテンポの良い作り。でも、このあたりの言葉選びはえつこ嬢の方がやはり上手い。「おとといおいで」は今作で最も棘がない癒し系ソング。よく考えたら喧嘩の文句が根源なのに不思議で、こちらは良い捻り方をしていたと思います。

ラストの「S-T-A-R-S」はラップを全面的にフィーチャーした異色作。センチなトラックに対して歌詞はこれまで以上に攻撃的なフレーズが多くなっています。アウトロではラジオDJとの他愛のないトークが展開され、やけにオーラス感のあるアレンジに。ウィスパーボイスで罵られたい人におススメ。

福岡から上京してきた少女の思いを汲み取った2曲が作品の最初と最後を担っており、単なるシュール可愛い路線に留まらない余韻を残してくれます。これまでのイメージとは違う乱暴な言葉遣いを含んだ曲もあって驚きましたが、毒っ気のある部分も見せてアイドル的な側面をあえて壊しにいくという試みは面白いと思います。音楽的には、エレクトロ要素が強くしてみたりラップを導入してみたり、と新しいことをやろうとしている思惑があるようです。ただ、純粋なメロディーの良さでは前作の方が全体的に上かな。ウィスパー系のラッパーも最近増えていますので、ガチで対抗するのも厳しい気が。ラップ系の2曲については、彼女と真部さんのプロレスを見せられているような感じがしました。真部さん的に、彼女を自分の手の中で踊らせたいという欲望と保護者のように成長を見守りたいという愛情があるようにも見えます。傍から見たら限りなく変態に近いですが、変態と天才は紙一重ということで大目に見ます。

★★★★☆


箱入り娘ver.


不良少女ver.


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。