hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

Kagoshima Spring Ash!!! 2015 -パスピエ×テスラは泣かない。- @ 鹿児島CAPARVO HALL 

パスピエ×テスラは泣かない。

なんという対バンが実現してしまったのでしょう。


-- 続きを読む --

category: たまには外で音楽を

テスラは泣かない。「ONE」 

ONE
テスラは泣かない。「ONE」
鹿児島出身の男女4人組ロックバンド、テスラは泣かない。のメジャー1stミニ。
世界を一つにする一枚。

冒頭のリード曲「国境はなかった」では、特徴的なピアノリフはそのままに、"ONE"のアナグラムである"NEO"を歌詞にした南米的なアプローチのサビが情熱的に鳴り響く。
「MOTHER」は、少々シリアスなピアノとリズム隊の演奏が焦燥感を煽るが、エモーショナルでスケール感を増していく構成が素晴らしい。

「サイドセクション」は今作のイントロNo.1ソング。自主制作盤を出していた頃の楽曲に雰囲気が近いダンスロック。
「Imagination Gap Ground」と「Tuesday」は初期の楽曲の再録。オリジナルに比べ、よりダイナミックな演奏になっていると思う。「Imagination Gap Ground」はサビで一気にはじける展開がまさに狂喜乱舞といった感じで好きな曲。「Tuesday」は彼らの曲の中でも一二を争うポップさと遊び心に富んだ曲。

「メロル」は疾走感のある演奏で"世界はひとつきりの生命"と高らかに歌い上げる。飯野さんのコーラスもだいぶ板についてきた印象。
「one」は珍しくアコギ一本のイントロから始まるラスト曲。徐々に盛り上がっていく展開が熱いが、アレンジは極めてシンプルにしており、音を足し過ぎなかったのが新しく感じた。

前作「TESLA doesn’t know how to cry.」は、メジャーの舞台に上がった彼らの集大成であり、みなぎる『生』を躍動的に表した快作でした。今作のタイトルはシンプルに「ONE」。『世界は一つ』という意味を込めた壮大なテーマに挑んでいます。元々決まった派閥に属さない『無国籍』的なバンドと言われていた彼らならではのテーマになっており、演奏もそうしたスケール感に負けないものになっていると思います。とりわけ、飯野さんのコーラスは村上さん以上にエモいことがあって一段と成長を感じられました。これまでと比べ、切れ味のあるキラーチューンと言える存在はあまりないのですが、曲調や構成に新しい点が見受けられたので及第点。欲を言えば、そろそろ過去曲のリテイクなしのオール新作にしてもらいたいところ。

★★★★☆


ヨシムタ氏の衣装はこれで確立してるのね。


category: アルバムレビュー

2015年1月度マイベスト10 

サブコン
今回はサブコンにて投票した、2015年1月度の楽曲マイベスト10を紹介します。
2015年もサブコンのロキノン・サブカル担当(?)として頑張ってまいります。
今月は、初登場組がベスト3独占と健闘しました。


-- 続きを読む --

category: マイベスト

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。