hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ナナカラット「リインカクラウド」 

リインカクラウド
ナナカラット「リインカクラウド」
2007年結成の男女2人組バンド、ナナカラットのメジャー1st。
七色に輝くオールラウンダー。

語りから導入される「僕が創った世界地図」は、アニソン・ゲーソン的なワクワク感が得られる。ストリングスの疾走感のあるサビが気持ち良い。内輪な世界観を持っている人かと思ったが、割と誰にでも伝わるような分かりやすい言葉を選んでいて好印象だった。
「いってきます」も爽やかな曲。ほのかにしっとりとした余韻を残しているのもグッド。
「CHANCE OVER」はロックの範疇に入るナンバー。こういうアグレッシブ系もやるんだと少し意外に思った部分。

「真夜中のスピード」は"真夜中"の割にはテンポの良い明るめのポップス。星の明るさに照らし合わせているんだね。
「あした天気になあれ」はポジティブ一直線。テーマもさることながら懐かしい曲調だなあ。小学生にも薦めやすい内容。
「メガネ越しの距離」はセンチなピアノアレンジが印象的。切なさも込めているけど、面白い発想の詞だ。
「空っぽの器」は再びロックテイスト。ボーカルが粗くならず常に聴き取りやすいのは良いところもあるが物足りなさもあるな。

「輪廻」はピアノ・ストリングスメインの幻想的な曲。和風のメロディーに哀愁があり綺麗な構成だ。
「エソラゴト~見せかけの夢~」は今作のマイベスト。歌い出しのサビからテンポの良い展開に引き込まれる。曲名がそのままサビの歌詞になっているのだが、歌い切りぶりが清々しい。
「歩いてゆこう」はミドルテンポの曲調で今後も前進していく姿勢を示したラスト。

日常を物語性のある歌詞に乗せて歌うユニット。ポップスを中心に、バラード、アッパーなロックナンバーも配置した多角的な構成が魅力的でした。聴き取りやすいボーカルや歌詞の言葉選びから、いきものがかりのように子どもでも受け入れやすい内容になっています。人柄の良さをとても感じましたね。アレンジは打ち込みやシンセの音が中心でしたが、ストリングス等はオーケストラ的に生演奏も取り入れてみたらさらに迫力ある曲が作れそう。メジャーデビューまでの下積みが長かったようですが、広くウケる要素は多いので、さらなる伸びしろに期待です。

★★★★


このロケーションいいね。


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。