hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

SATORI「RHYTHM OF THE NIGHT WAVES.」 

RHYTHM OF THE NIGHT WAVES.
SATORI「RHYTHM OF THE NIGHT WAVES.」
京都出身の男女5人組バンド、SATORIの2ndミニ。
さとり世代の時代到来。

「NO NO NO」はご機嫌なファンクポップ。MVを見たらさらに分かると思うが、パーカッションも賑やかに入ってきてウキウキした気分になる。
「君はキュート」はエレクトリックな音使いでダンサブルな展開。このくらいのテンポがちょうど収まりが良く感じるようになったなあ。
「漂流教室」は女性ボーカルのYKOさんがソロを務める曲。緩めの曲調にキュートなボーカルが入る。危機感の欠片もない漂流ぶりである。

「わたし 雨、台風。」は印象的なギターリフが、雨によるメランコリーな雰囲気を作り上げている。Aメロが好きだな。
「青春」は若々しいポップロックだが、王道の懐メロ的な風格も兼ね備えている。
「君にだけ聴かせるハートビート」はニューウェーブ+ヒップホップなノリの良さで突き進む曲。ギター、ベースの聴かせどころが満載で良いね。

CINRA.NETで「4つ打ち」の次にくる邦楽バンドとして紹介されていたバンド。先見の明があることでお馴染みの当ブログでは、すでに前作を早々にレビューしていたわけですが、いつの間にそんなポジションに立つバンドになっていたのか少し驚きました。(先に挙げた記事についてちょっとツッコむと、UNCHAINの名前が出てきてもいいはずだと思ったのですが。)
それはさておきアルバムの中身について。前作ではスペイシーなサウンドが印象に残っていたのですが、今作ではブラックミュージック度が増してよりインディーポップ好きにも響く仕上がりにしてきたようです。アダルトで品と風格を感じさせる演奏と、青さの残るボーカルの対比がより強調されて面白くなったと思います。シーンにおける一つの側面ではありますが、こういう音楽が台頭している流れは確実にあるので、カラスは真っ白、Shiggy Jr.あたりが好きな人はチェックしておいて損はない存在だと思います。

★★★★


カセットフーフーは端子が錆びるので、良い子は真似しないでね。


こちらはドリームキャストが登場。YKOさんは何の役なのか?


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。