hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

KAGERO「KAGERO IV」 

KAGERO IV
KAGERO「KAGERO IV」
2005年結成の男女4人組ジャズバンド、KAGEROの4th。
息をする暇はありません。

「OVERDRIVE」はまさに彼らの音楽性そのものなタイトルだが、初っ端からどしゃ降りの雨のように激しい展開。
「flower」はピアノの突っ走りぶりが最高。切れ味抜群だ。今作のマイベストはこれかな。
「Pile Bunker」はベースとピアノのカオス過ぎるイントロが鳴りやむことなく走り続ける。スタミナの消耗度半端なさそう。

「sister」は相変わらずぶっ飛んだ激しさがあるが、サックスが歌謡的なメロディーを吹いているのがポイント。彼らの音に合わせて歌える猛者が現れるのではないかと予感させる。
「THE FOREST」はミステリアスなピアノイントロに始まりハードロックっぽさもあるダークな装い。
「HONEY BEE」は過去曲「KILLER BEE」と合わせて楽しめばいいかと。今回はミツバチなのでそこまで殺傷能力はないはずだが、物凄い群れで襲い掛かってくるイメージでやはり怖い。

「13 -Thirteen-」はクラシカルなピアノイントロから変拍子のオンパレード。拍数がわからん。このレベルでしっとり系に属するのが凄い。
「MY SLEEPING BEAUTY」はこんなので眠れるかよという総ツッコミがあることに期待したい曲。でもポップでかなり聴きやすい部類なんだよなあ。
「LITTLE GARDEN」はロマンチックで甘いサックスが聴こえてきたのでバラードがくるかと思っていたが、そんなことはなく中盤から暴れ始める。なんてこったい。

「ill」はタイトルからして嫌な予感しかしなかったが、情熱的なアンサンブルに目を回した。きっと何らかの理由があって動きを止めてはいけない人たちなのだろう。
「The Spring Landscape」は唯一、一息つける曲。これに辿り着く前に窒息しているかもしれないが。もはや別のバンドの曲じゃないかと勘繰るレベル。この曲だけ5分を越えているのは他が激し過ぎるからだと思われる。
「CRY BABY」は最後まで気を抜くことなく音が跳ね回るアッパー曲。メロディーは割と陽気。

戦闘力が53万どころの騒ぎではないジャズパンクバンド。オリジナルとしては2年9か月ぶりの新作。前回のカバーアルバムのレビューでもその野獣ぶりをお伝えしましたが、オリジナルとなるとさらに手が付けられない代物になります。非常に破壊的で怒涛の構成に息を呑みます。サックスの奏でるメロディーがポップなので、ジャズのマナーを守りながら暴走するという収まりの良さもあると思います。破壊衝動が抑えられない人はこれを聴いて落ち着いてください。

★★★★☆


このアーティスト写真がカッコ良過ぎる件。




スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。