hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

toconoma「TENT」 

TENT
toconoma「TENT」
2008年結成の男性4人組インストバンド、toconomaの2nd。
清々しい朝を迎えたい方向け。

「ANAHEIM」はミニマルなフレーズのピアノを主軸に、軽快なカッティングのギター、心地良いリズムを刻むベースとドラムと挨拶代わりの一曲。
リード曲「relive」もカッティングが非常に効果的に使われており、オルガンの音色も耳に残る。キーボードに関してはパートごとに音を変えているので面白い。割と大人しい曲なのかと思ったら、予想以上にダイナミックなダンスロックだった。
「Ves」は雑貨屋でかかっているタイプのくつろぎ系。キーボードにどういう音を使うかがやはり鍵のようで。

「Hello goodbye」は前作収録の「vermelho do sol」に近いラテン系ノリと久石譲のような優しくも芯のあるメロディーが融合した秀作。こういうのたまらなく好き。
「Jackie」はここまでの洒脱な流れとは雰囲気を変え、ジャンキーな一面が出ていて面白い曲。ジャッキー・チェンがモチーフなのかな。
「and her little kitchen」はボサノバ調で、カフェ経営したらプレイリストに入れておきたい曲。

「Dawn」以降の流れはアートワークに一番則していて今作のハイライトだと思う。夜明け前の『夜』の部分を表したベースの存在感が大きい。
「Yellow Surf」はギターのワクワク感、可愛げのあるピアノを主体に、一曲の中で鮮やかに表情を変えていく構成がグッド。
「the morning glory」は明るいピアノポップス。終盤は神々しいくらいの朝日を浴びるような感覚に浸れて快感。

朝が似合うアルバム。彼らの演奏は情熱的でアグレッシブな部分もあるのですが、サウンドには丸みがあって温かさや優しさを感じます。多彩な音色を出すキーボードの存在感が大きいですが、今回はギターの良さが一段と光っていました。ラスト3曲は象徴的な流れで、夜明け前から朝日が昇るまでの様子が上手く表現されています。ラストに着目してみましたが、「relive」や「Hello goodbye」も良い曲ですし、全方位的に誰にでも楽しめる作品だと思います。

★★★★☆


センス適量、シュール少々。


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。