hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

fox capture plan「WALL」 

WALL
fox capture plan「WALL」
2011年結成の男性3人組インストバンド、fox capture planの3rd。
この勢いは誰にも捕まえられない。

イントロ「into the wall」を抜けてリード曲「疾走する閃光」はタイトル通りの疾走感が素晴らしい。息つく暇がない展開だけど溜息が出るくらいにカッコいい。
「Elementary Stream」もアグレッシブでダンサブルな要素を残しつつ、流れるように彩りを変える演奏に隙がない。

Radioheadのカバーである「Paranoid Android」は原曲の構成は尊重しつつオリジナルに攻めたアレンジを施している。
「Helios」はミドルテンポで落ち着いた雰囲気があるが、ベースの動きは割と活発。
「unsolved」はミニマルな構成だが徐々に盛り上がりを見せていく展開はさすが。

YMOのカバーである「tong poo」は原曲が好きということもあり、かなりハマっている。軽快なステップが見事。
「a,s,a」はピアノにディレイがかかっており、これまでとはまた違う洒落た雰囲気を出している。
「this wall」は今作のタイトルに因んだ曲。比較的ゆったりとした流れだが、中盤から躍動感が増していく。
「the begining of the myth ep.Ⅱ」は1st収録の「the begining of the myth」の続編か。趣きが異なるので地続きになっている曲という印象はなかったが、今作のエピローグと次へのプロローグも予期させるラストになっている。

ハイペースに作品を出しながら、常に最高傑作を更新していくピアノトリオ。バンド編成がシンプルであるが故に各楽器の良さが際立つ一方、シンプルであるにも関わらず奥深さを感じる構成力の高さにも定評があります。ジャズに加えてロックの要素が一層強くなり、テンポの良い曲が増えましたね。冒頭から圧巻の流れでした。「疾走する閃光」は2014年のインスト曲の中でも屈指の名曲ですね。2つのカバー曲もチャレンジングな選曲ではありましたが、バンドとしての持ち味を出せていたと思います。今後もジャズロックのみならずインストバンドのシーンをリードする存在として走り抜けてほしいですね。

★★★★☆


キツネはどこへ消えた?




スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。