hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

Zaien Lily「蝿ト百合」 

蝿ト百合
Zaien Lily「蝿ト百合」
2011年結成の男女4人組ロックバンド、Zaien Lilyの1stミニ。
闇の中に光を差し込む快作。

「イマ、カケヌケル」はミドルテンポの導入からテンポを加速させるサビが印象に残る。ここのメロディーは後引く感じがして好きだな。
「ISO」は終始ダンサブルな構成。繊細に歌う部分としゃがれ声でパワフルに歌う部分の揺さぶりが良い感じ。
「フィクション」はリード曲。緊迫感のあるギターリフ、エフェクトのかかったボーカルに始まるイントロから惹きつけられた。明快なメロディーラインのサビの勇ましさも素晴らしい。

「三工又干ノ」はタイトルがどう読むのか分かり辛いが"みえぬもの(ミエヌモノ)"と読むのが正解らしい。今作で最も落ち着きのあるしっとりとした曲調でしみじみする。切ない。
「seimei」は短時間ながらオルタナ要素が濃く凝縮された曲。この曲に限った話じゃないけど、特につっこさんっぽい。
「カンナ」は今作のマイベスト。アンセム感のあるピアノイントロから躍動的でドラマチックなダンスロックが展開される。歌詞も前曲に続き命をテーマにしており、生きることを瑞々しくかつ力強く描いている。インストバンド顔負けのラテンベースの間奏も美しい仕上がり。

バンド初の全国流通盤。これまた好きなバンドが出てきたなーと繰り返し聴いていました。オルタナティブ混じりのダンスロックが主体。変拍子等、構成に捻りをきかせた部分もありますが、メロディー自体はポップで分かりやすい部類に入るかと思います。パンチ力もある少々ハスキーなボーカルの雰囲気は、天野月子や黒木渚あたりに近い印象。ダークな佇まいではありますが、負の感情をぶちまけるタイプではなく、希望を持ったメッセージを力強く発信する歌詞が特徴となっています。非常にプリミティブなテーマが多いのですが、この真摯さには胸を打たれるものがありますね。大化けするかも…というかしてほしいです。

★★★★☆


主婦役の人が女優さんかと思っていたら…


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。