hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

RONDONRATS。「eat sorrow and happiness」 

eat sorrow and happiness
RONDONRATS。「eat sorrow and happiness」
広島出身の男女5人組ロックバンド、RONDONRATS。の5thミニ。
ナイスメロディアス。

「トロイメライ」は早速勢いを感じるハイテンポ曲。サビにあたるメロディーが2つ用意されており、焦燥感に駆られながら爽快な気分にもなる巧みな構成。
「GAME」は今作を聴かねばと思うきっかけになったリード曲。非常に濃密。ミステリアスで洒落っ気のあるイントロから、威勢の良いパンクロックに転じ、そこからは男性ボーカルが挿入されるブリッジや二段階に変化するサビなど起伏ある展開が目まぐるしい。何となく北出菜奈を思い出した。どハマり。
「クレイドル」は前2曲の激しさから少しクールダウン。ゆったりとしたテンポに優しさがあるが、ボーカルのパワフルさは健在。間奏のギターもしっかりしている。

「ハジマリのウタ(Remix)」は終始疾走感のある構成で気持ち良い。ピアノアレンジが見事にハマっていて綺麗。テンポの速いサビメロが好きだな。
「Hello!(Remix)」は木村カエラあたりが歌っていても違和感のないピースフルな曲。メロディーは親しみやすいし、構成もいかつくない。ここまでの流れを考えると物足りなさもあるが、メジャーなところで流れていても遜色ない華やかさがある。

新曲3曲+リミックス2曲+これらのインスト5曲という面白い構成をしたミニアルバム。今作が初めて聴くアルバムになりましたが、メジャー級に華のあるバンドだと思いました。ガーリーでパンキッシュなボーカルにメロディアスで起伏に富んだ構成の楽曲はいずれも魅力的でした。1曲のうちに強いメロディーを何本も繰り出してくる冒頭2曲の破壊力が特に凄まじかったです。こんなに1曲にメロディーつぎ込んでもったいなくないかと思うくらい。インストだけ聴いてもその良さが分かるのですが、ボーカルも存在感がありますよね。ちょっと幼い雰囲気があると好きなんですかね。ロリコンの気があるんですかね。気を付けます。

★★★★☆


バンド名に『。』が付いているのは違和感あるけどやっぱりこれで正解なのね


2:30前後がなんかシュール


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。