hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

RONDONRATS。「eat sorrow and happiness」 

eat sorrow and happiness
RONDONRATS。「eat sorrow and happiness」
広島出身の男女5人組ロックバンド、RONDONRATS。の5thミニ。
ナイスメロディアス。

「トロイメライ」は早速勢いを感じるハイテンポ曲。サビにあたるメロディーが2つ用意されており、焦燥感に駆られながら爽快な気分にもなる巧みな構成。
「GAME」は今作を聴かねばと思うきっかけになったリード曲。非常に濃密。ミステリアスで洒落っ気のあるイントロから、威勢の良いパンクロックに転じ、そこからは男性ボーカルが挿入されるブリッジや二段階に変化するサビなど起伏ある展開が目まぐるしい。何となく北出菜奈を思い出した。どハマり。
「クレイドル」は前2曲の激しさから少しクールダウン。ゆったりとしたテンポに優しさがあるが、ボーカルのパワフルさは健在。間奏のギターもしっかりしている。

「ハジマリのウタ(Remix)」は終始疾走感のある構成で気持ち良い。ピアノアレンジが見事にハマっていて綺麗。テンポの速いサビメロが好きだな。
「Hello!(Remix)」は木村カエラあたりが歌っていても違和感のないピースフルな曲。メロディーは親しみやすいし、構成もいかつくない。ここまでの流れを考えると物足りなさもあるが、メジャーなところで流れていても遜色ない華やかさがある。

新曲3曲+リミックス2曲+これらのインスト5曲という面白い構成をしたミニアルバム。今作が初めて聴くアルバムになりましたが、メジャー級に華のあるバンドだと思いました。ガーリーでパンキッシュなボーカルにメロディアスで起伏に富んだ構成の楽曲はいずれも魅力的でした。1曲のうちに強いメロディーを何本も繰り出してくる冒頭2曲の破壊力が特に凄まじかったです。こんなに1曲にメロディーつぎ込んでもったいなくないかと思うくらい。インストだけ聴いてもその良さが分かるのですが、ボーカルも存在感がありますよね。ちょっと幼い雰囲気があると好きなんですかね。ロリコンの気があるんですかね。気を付けます。

★★★★☆


バンド名に『。』が付いているのは違和感あるけどやっぱりこれで正解なのね


2:30前後がなんかシュール


category: アルバムレビュー

高橋優「今、そこにある明滅と群生」 

今、そこにある明滅と群生(通常盤) (残暑見舞いなし) (メガネ着脱式クリアケース仕様)
高橋優「今、そこにある明滅と群生」
秋田出身の男性シンガーソングライター、高橋優の4thフル。
前作「BREAK MY SILENCE」の感想はこちら
『平成の大名盤なり』と銘打った自信作。これは誇大広告ではない。本物だ。

冒頭の「BE RIGHT」は威勢の良いナンバー。リアルタイムを切り取った歌詞はかなり攻めた部分もあって面白いが、その核には今作のコンセプトである『光』が込められている。
「太陽と花」は荒涼としたアレンジのカッコよさに痺れるシングル曲。イントロからゾクゾクする。かつてないスケールの大きい歌詞だが、サウンドと相まって力強く説得力がある。
「裸の王国」はLINEやTwitterといった現代のSNSに満ちた社会を嘲笑う曲。凄い内容だ。でも不思議と嫌味がないのが彼の曲らしい。分かっているんだけど一方で"羊の群れ"になっている自分がいるんだよなあ。
「明日への星」は庶民派な歌い出しから、サビでは一気にスケールアップして普遍性の高いメッセージを残している。メロディーもシンプルで馴染みやすい。

「WC」は辛辣なメッセージに叩き切られた曲。当ブログも新譜を聴き漁っては排泄するの繰り返しをしている便所のような存在なので、他人事ではない。ある意味聴くのが怖くなったくらいだ。
「同じ日々の繰り返し」は朗らかで軽めのボーカルに安堵する。人は皆、人生の主人公を演じているというテーマでなんとも明るくて気持ちがいい。
「ヤキモチ」はピアノが綺麗な比較的ストレートなラブソング。サビメロのシンプルな切なさが良いよ。

「旅人」はタイトルからしてまず外れはないシングル曲。哀愁のあるメロディーラインが凄い好き。深く噛み締めたい曲の一つ。
「犬」はサウンド面で一番引き込まれた曲。多分再生数も一番多い。ピアノはアカンて…反応せざるを得ないよ。疑問形の投げかけが連発する終盤が秀逸過ぎる。
「パイオニア」は軽快なバンドアレンジにこれまた軽妙に言葉が乗ったスタイルでスカッとする。今作はここから始まったのね。
「おやすみ」は子守歌のような優しさに溢れたラスト。ピアノとストリングスによるクラシックを聴いているような包容力を感じる。

前作は自分と真摯に向き合った内向きな側面がある曲が多いイメージだったのですが、今作は外を向いた楽曲群になっていると思いました。数年経てば懐かしいとさえ思えてくる現在進行のワードを散りばめた歌詞は今回も切れ味抜群。一方では、壮大なスケールで普遍的なメッセージを残す部分も多くなった印象。この時代性と普遍性のバランスは一層良くなったと思いますね。彼が歌うから説得力があると言われるポジションまで上り詰めたなと。さらに、力強さだけでなく愛情と優しさにも惹かれる部分が多く、そのツンデレ(?)ぶりが見事にハマりました。これまでの作品は全曲取りこぼしなく良かったいう満点評価はつけなかったのですが、今作は本当に全ての曲が良かったです。自身が最高傑作と認めるのも間違いない出来です。

★★★★★


アルバムタイトルも好きだなあ


category: アルバムレビュー

TK from 凛として時雨「Fantastic Magic」 

Fantastic Magic(初回生産限定盤)(DVD付)
TK from 凛として時雨「Fantastic Magic」
ロックバンド、凛として時雨のギターボーカルであるTK(北嶋徹)の2nd。
前作「contrast」の感想はこちら
TKは魔法使いだったのか。

表題曲「Fantastic Magic」は冒頭からエンジン全開のアグレッシブな展開。初っ端からダジャレ…ではなく韻を踏んだTKらしいシンプルで抽象的な詞世界に、眩暈がするくらいに激しいアンサンブルが魅力。何言っているのかほとんど聴き取れないサビはダンスロック的で、過去のリード曲との棲み分けを図ろうとしているのが窺える。
「unravel」はアニメタイアップのシングル曲。デビューから一貫して表現している繊細で脆い様が極まっている。1分半のアニメサイズという制限を感じさせない構成が良かった。バンド演奏の凄さは言うまでもなく、悲痛とも捉えられるボーカルが良い味を出している。
「kalei de scope」は1曲目とノリが近いと感じた曲。ゆとりのない音の詰め込みぶりに刺激されっぱなしの3分間。サビの高音パートを345に置き換えてもイケる(提案)

「an artist」からの中盤の3曲は比較的大人しい曲調が続く。この曲はバンド演奏はだいぶ動きがあるが、メロディーが割りと歌モノとして無理のない(ボーカルはクソ高いが)仕上がりになっているので、J-POP的でだいぶ聴きやすい印象を受けた。
「tokio」はピアノ弾き語りという極力シンプルな構成で、東京にいる自身の境遇を歌う。物で満たされていても真に満たされているとは言えないという普遍的なテーマ。だいぶ空気が変わった。
「Shinkiro」はCharaとのコラボ曲。アコギの洒落たイントロから始まり、これまたイメージにないアレンジ。Charaのソロパートは割合こそ少ないがやはり声に存在感がある。音が染み渡ってくるという感覚。

「Dramatic Slow Motion」は前作収録曲のアルバムバージョン。そこまで大胆な変化をしていない気がするが、Dramatic度2割増しくらい。ドライブ中にこの曲を聴くと峠で爆走できるような気がしてくる。道交法に触れるので自重するけど。
「Spiral Parade」は四つ打ちでどこかサカナクションっぽさを感じるエレクトロアレンジ。サビのように聴こえるBメロを経て、本当のサビはまたしてもダンスミュージックな佇まいに。メッセージは曖昧模糊としている節があるが、ポジティブな部分が強調されているのが特徴。
「Fragile」はギターとピアノのみで穏やかな曲調。えらい遠回りしているけどラブソングだね。
「contrast」は前に感想を書いた通りだが、ラストに持ってくるとこれまた作品が締まった印象を受けて面白い。

魔法にかかったような幻想と麻薬のような中毒性を感じる魔性のアルバム。初作「flowering」もすこぶる完成度の高い作品ではありましたが、それを越えたと思います。激しいけど切ない、やはりこれに尽きます。前作と比べると、ボーカルが強調されたような気がしますね。刹那的に音を詰め込んだ楽曲の中でも存在感が増していたと思います。ごまかしの効かないスローな曲でのスキルも上がってきているでしょうか。あとは、微妙な違いかもしれませんが、メロディーに余裕がありポップ度が増したかなと。もともと、時雨は本質的にロックではなくてポップスをやっているバンドという認識があるのですが、今作は「I'mperfect」を間に挟んだ影響が多かれ少なかれ出てきていると思いました。バンドではできないことが本人にも見えているようですし、ソロ作ならではの良さを存分に発揮できた作品ですね。

★★★★★


『ちゃんとして時雨』とか言われていた頃が懐かしい


category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。