hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

SAKANAMON「INSUROCK」 

INSUROCK【DVD付初回限定盤】
SAKANAMON「INSUROCK」
2007年結成の男性3人組ロックバンド、SAKANAMONの2nd。
前作「na」の感想はこちら
軽快なサウンドと言葉選びにさらに磨きがかかりましたね。

「マドギワールド」は彼ららしい歯切れのよいサウンドと漢検の試験を受けているかのような熟語を並べてもがきを表現。
「爆弾魔のアクション ~願い~」は"爆弾魔"を連呼してクレイジーな印象もあるパワフルな曲。連載が止まりまくる某漫画に対するメッセージと取れる終盤がどことなくシュール。
「花色の美少女」 は瑞々しい青春ロックなシングル曲。曲がりくねった歌詞だけど最後にはストレートに愛を歌う流れがバッチリ決まっていて良いね。
「TOWER」はエレクトロなイントロから始まる新機軸なリード曲。都会的なコミュニケーションについて"今タワーに成って届けよう"と歌う。うむ力強い。

「ミイとユウ」は実力派SSWの平賀さち枝がゲスト出演。まったりとするデュエットだなあ。前作のYeYeと言い、良いところを突いてくる。次は南壽あさ子かBabiあたり?
「訪問者」は"もう意味分かんねぇなぁ"という歌詞があるんだけど、聴いている側も意味分かんねぇと思った曲。清々しさはあるが。
「エレクトリカルマーチ」は荒涼としたポストロック、プログレ的な目まぐるしい構成が面白い曲。ど真ん中に凄い曲持ってくるな。"未曾有の変態"って歌詞が唐突に出てきてシュール度も極まっている。
「飴色の女の子」は「花色の美少女」と双璧をなす、ガールへの視線が熱い曲。若々しいのぉ。

「エロス」はその直接的なタイトルに相まって歌詞も結構ストレートで非リア充要素が満載だが、どうせファッション非リアなんだろ!そうだろ…
「邯鄲の夢」は故事成語をモチーフにした曲。やっぱりこの辺の分野に強い人なのだろうか。和風、オリエンタルなバラードで儚さ、真面目さが窺える良い出来。
「シグナルマン」は人間関係を信号に例えたテーマで、今作において最も真っ直ぐな道を突き進んでいて爽快。
「102」は以前住んでいたアパートのことを歌うラスト曲。というわけで部屋番号がタイトルに。音出して隣近所に迷惑かけるって若いバンドマンあるあるな感じがするね。

バラエティに富んだメジャー2作目。歯切れの良い言葉が軽快でキャッチーなギター演奏に乗っかるスタイルがより深まり、甘酸っぱさや悶々とした若者像を中心に様々な楽曲が並んでいます。「TOWER」、「エレクトリカルマーチ」といったサウンド的に新しい一面を見せた曲の出来も良かったです。ルックスも含めてイノセントな好青年なんだけど、捻くれた部分もある藤森さんのボーカルも好み。そのおかげだと思いますが、変態なんだけど清々しくて若々しくてやらしい感じがしないのが強みですね。今作は2作目ということもあるのか、そうした変態さを出した曲がいくつかありましたが、なんか許せてしまう空気があるんですよね。ずるいなあと思います(笑)

★★★★☆


ラストが好きだわー


人がゴミのようだ


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。