hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

2014年6月度マイベスト10 

ダウンロード
今回は、Japanese Dream -we love jpop!-にて投票した、2014年6月度の楽曲マイベスト10を紹介します。
ロックバンドの新譜がやたら多い印象を受けた6月。イントロ至上主義ぶり、そしてロックの中にいかにピアノを欲しているかがよくわかるラインナップとなっています。


-- 続きを読む --

category: マイベスト

印象派「(not)NUCLEAR LOVE(or affection)」 

(not)NUCLEAR LOVE(or affection)
印象派「(not)NUCLEAR LOVE(or affection)」
大阪で結成された女性2人組ユニット、印象派の2ndミニ。
前作「Nietzsche」の感想はこちら
手玉に取られた気分です。

「BEAM!」はリード曲。音楽も歌詞も縦横無尽というか東奔西走というか、訳の分からない空想世界で広がっている曲だが、サビの明快さで一気に心掴まれる。
「アフレル」は原発から着想を得ている曲。前作の「SWAP」並に中毒性が高い。歌詞の攻め具合が基準値超えている。
「ライ!ライ!ライ!」も前2曲に近いノリで冒頭から頭に残る。この手のフレーズを作ることにおいては一線級だな。
「フェアリーはご機嫌ななめ」は前曲のアウトロから間髪なく入るインスト曲。完全に地続きな構成なので単体の曲として存在していることすら当初分からなかった。これも出来は良い。

「MABATAKIしないDOLLのような私」はヒップホップ曲。相変わらず理解しづらいけど面白い曲。
「[I FEEL] pitiless」はブリットポップな歯切れの良い展開。曲調としてはさほど新しさはないけど、彼女らがこういう曲をやるのはイメージになかった。
「温泉」はロック度の高いラスト。歌詞のシュールさと地に足のついたバンド演奏の謎のコントラストが絶妙。"カモン脱衣所"って(笑)

このタイトルで『かくれんぼ』と読む作品。どうやら英訳して『核+恋慕』で『かくれんぼ』と読ませるのが正解らしいです。早速分からんぞ。もはや音楽に限った話ではないのかもしれませんが、女性デュオというのはソロやトリオよりも自分たちの世界を築いているアーティストが多数いる気がします。その中でも輪をかけて独自の世界を走っているのが彼女らではないでしょうか。前作で飼いならされた(?)ためか、今作は割りとポップ度が増して聴きやすかった印象。バンドであることが音により反映されていますね。人を食ったような意表を突いた曲が相変わらず多いですが、中毒性の高いフレーズが多く一聴してその痛快ぶりはお分かり頂けるでしょう。騙された気分になるかもしれませんが。

★★★★


歌詞に忠実、故にカオス


謎の中毒性


category: アルバムレビュー

ぽわん「BLUE」 

BLUE
ぽわん「BLUE」
2012年結成の4人組ガールズ?バンド、ぽわんの2nd。
『ひねくれカワイイ』をコンセプトとするバンドです。

「かわいいっていわないと呪う」は『かわいいの押し売り』と自称しているが、もはや『脅迫』まがいのリード曲。シンセの効いたひたすら繰り返されるサビによって洗脳される。かわいいとしか思えなくなる。かわいいかわいい。
「サイダーの泡、恋模様」は夏っぽく甘酸っぱいセンチメンタルな曲。ここのボーカルは結構好き。
「一夏恋」も以下同文な夏ソング。もうちょっとアレンジに捻りが欲しくなる。
「しょおなんのかぜ」はボサノバ調でこれまでとは雰囲気が変わる。サビの大半がバンプとラッドというのがイマドキガールな歌詞なのだろうか。ちなみに湘南乃風は出てこない。

「ボーイフレンド(仮)」もタイトルにツッコみたくなるが、恋にはライバルがつきものだねーといった感じの曲。
「BLUE」は"男子にはわからない"という出だしに始まり、サビに"ロキソニンブルー"と来る女の子ソング。うん、コメントしづらい。
「8/6」はふんわりと少々アンニュイな入りから、サビでちょっと明るくなる展開が前向きで良い。
ボーナストラックの「おやすみですから」はドラムの女装家マツナリ氏のアコギ弾き語り曲。歌詞の半分くらいがビールというアルコール度数の高い内容。完全におっさんやないか。

女装家がいるのでガールズバンドではなく、ガールズ?バンドと表記されているバンド。リード曲のインパクトが凄まじかったのですが、他は割りと穏当だった印象ですね。ガーリーなポップスの中に妙にリアルな描写が含まれているのは面白いのですが、『ひねくれ』を自認している割には今一つぶっ飛んだ要素に欠けていると感じました。バンド名通り、どことなく掴みどころのないまったりとした雰囲気が、演奏やボーカルから感じられます。アルバムコンセプトとしては、夏を意識していて(最初を除けば)統一感がありますね。まずは中高生あたりに好かれれば…といったところでしょうか。

★★★☆


見ないと呪われるよ


category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。