hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

Wienners「DIAMOND」 

DIAMOND(初回限定盤)
Wienners「DIAMOND」
2009年結成の男女4人組ロックバンド、Wiennersのメジャー1st。
奇妙奇天烈摩訶不思議音楽在此処。

イントロの疾走感溢れる「DIAMOND DUST」からシングル曲「蒼天ディライト」へといきなり勢いのある流れ。カルトかオカルトか意味が分からない歌詞だが、とにかく爽快で夏に合う曲だ。
「天地創造」もエキゾチックでクセのあるメロディーが耳に残る。タイトルからお分かりの通りスケールのデカさが半端ない。どこかの民族で伝承されている祝祭的な音楽のような雰囲気は彼ららしい。

ファンキーなノリの小曲「FUCK OFF」、往年のアイドルソングのような女性ボーカル曲「片瀬江ノ島」と別の引き出しが開かれる。ちなみに片瀬江ノ島駅は竜宮城みたいな建物です。
「VIDEO GIRL」は初音ミクに書き下ろした曲のセルフカバー。ボーカロイドのキャラクターに則したSFな歌詞にサイバーなアレンジが良い。もはやボカロ界隈ではこの手のモチーフは古典的かもしれないが。
「Play for」は素朴で落ち着いたアレンジでまったりと一呼吸おける。

「南無阿弥陀仏のリズムに乗って」は怪しげなイントロを経てテンポの良い展開が心地よい。"南無阿弥陀仏のリズム"ってこんなにノリが良いのか?
「LOVE ME TENDER」はこれまた疾走感が凄いシングル曲。解放感というかもはや解脱できるくらいの気持ちよさ。
「ドリームビート」は2分強と短い曲ながら非常に満足感を得られる濃い構成。少しノスタルジーな趣きもあるメロディーラインが秀逸ですな。

「ELECTRIC FOR YOU」はバリバリのエレクトロなダンスロック。何故か語り付き。
「ASTRO BOY」はイントロからドラムがアグレッシブに鳴り響く曲。わけわからんけど引き込まれていつの間にか次の曲へ。
ラストは「雪国」。なんかシュールだな。歌詞は"あああああ"がメインだからさらにシュール。最後まで元気に突き進む。

でんぱ組.incへの楽曲提供でも知られる玉屋2060%が率いるバンドのメジャー初作。カオスで散らかり過ぎた「CULT POP JAPAN」の頃と比べると一曲一曲しっかり作られていてメジャー仕様の作品になっているという印象です。民族音楽のエッセンスも含んだ土着的、祝祭的、宗教的と怪しさ満点の楽曲が並んでいますが、そのいずれもすこぶるキャッチーなポップスに仕上がっており中毒性が高いです。威勢のいいオリエンタルやエキゾチックなメロディーラインが非常に好みですね。ここまでアホらしいくらいにテンションが高く、肩肘張らずに聴けるバンドもなかなかいないのでは。まだまだ光る素質は十分にあるでしょう。気軽に解脱したい人におススメです。

★★★★☆


おじゃる丸を思い出した


上のMVを観ただけでは顔が分かり辛いのでこちらも貼っておきます


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。