hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

Gacharic Spin「WINNER」 

WINNER
Gacharic Spin「WINNER」
2009年に活動開始した演奏4人ダンサー2人で構成されるガールズバンド、Gacharic Spinの2nd。
Japan EXPO出演を予見していた前作「Delicious」の感想はこちら。相変わらず熱いですね~。

「WINNER」はパワフルで疾走感のある彼女らの音楽性を代表するスタイルの表題曲。100%ポジティブなテーマで力強さが頼もしい。
「ダンガンビート」は前曲よりテンポアップして勢いがさらに加速。ボーカルの掛け合いが密度濃く織り交ぜてあるのがなかなか良いね。
「連星」はテンポ的には一旦落ち着いた感じにはなるが、パワフルでドラマチックな展開は変わらず。切なさと熱さを兼ね備えた曲といったところか。

「もし世界を敵にまわしても」は正義感溢れるテーマでキャッチーなサビメロが好きな曲。他のメロディーが薄く感じてしまうが。ここのシンセ良いなあ。
「週末ファンタジー」はメインボーカルが切り替わってファンシーでポップな曲調に。構成はシンプルだが、ギミックが多くていろんな音が入りまくっているあたりはさすが。日曜日に聴けばいいんですかね。
「運命さえも変える言葉」は先行シングルのカップリング曲のアルバムVer.。置いてけぼりにされるくらいに展開が早い。こちらも正義感が強く『兄貴!』と叫びたくなるくらいだが、多分怒られる。
「脳内エラー」はSFチックな曲を想像していたが恋愛系の曲なのね。若干の未練がましさも感じるメロディーに女性らしさが出ているのでは。

「オトナ少女」はfripSideの八木沼氏あたりが一枚噛んでいる風のデジタル度の強いガーリーポップス。本来のこのバンドらしさは薄いが妙にクセになる。
「宝物」は実質ラストということもあり、穏やかな曲調に温もりのあるメッセージが乗せられる。いつになくコーラスも優しい。
「More Power」は過去曲の新録Ver.。これまた激しい。でも不思議と聴きやすい。細かい話だが、掛け声とともにサビに突き進むのかと思いきやワンクッションあるのが焦らされるね。

嬢メタルバンドよりも人懐っこくてポップ、オルタナティブロックバンドよりも華があり派手という特徴を持つガールズバンド。シングル曲をほとんど除いておきながら相当なインパクトを残した前作に比べると、そこを越えてくるまでには至らなかったのですが、一点の曇りもないひたむきさ、正義感がより濃くアウトプットされた作品に仕上がっていると思います。真っ直ぐに歌う=ダサいという感覚も多少あるのですが、持ち前のパワーとテクニックで圧倒する姿勢は聴いていて清々しいの一言。実際に彼女らのライブを少し観ることができたのですが、目でも楽しめるバンドだということが改めて分かりました。サマソニにも出るみたいですし、活動の幅をどんどん拡大していってほしいものです。

★★★★☆


この曲は未収録。MVマダー?(・∀・)っ/凵⌒☆チンチン


Japan EXPOの様子。パリっ子にこのパフォーマンスは響いたのか!?


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。