hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

バズマザーズ「THE BUZZMOTHERS」 

THE BUZZMOTHERS
バズマザーズ「THE BUZZMOTHERS」
2011年結成の男性3人(+1人)組ロックバンド、バズマザーズの2nd。
前作「理詰&ブルース」の感想はこちら
キレッキレやないか!

「東京デマイゴ」はノイジーなギターが縦横無尽に鳴るアレンジだがミドルテンポで落ち着きのあるスタート。『デマイゴ』って何のことかと思ったら『で迷子』という意味か。
「故郷ノ空」はジャンキーなリフにテンポが良い展開。言葉の歯切れの良さが実に山田氏らしい。
「スキャンティ・スティーラー」はスタイリッシュ下着泥棒ソング。こんなカッコいい下着ドロが他にいるのかよ!歌詞が清々しいくらいゲスいけど、「Fever Believer Feedback」を越えるスピード感のある演奏で漢らしいロックを鳴らしている。ほのかに切なさを滲ませるあたりも良いね。
「ステイン病」はハヌマーンっぽいリフが再来しており、短い曲ながら印象に残る。

「ワイセツミー」はタイトルからしてどこを切ってもR-18なスリリングな言葉が並ぶ曲だが、キャッチーなサビを筆頭にノリの良さは絶品。
「軽蔑ヲ鳴ラセ」は警鐘ならぬ軽蔑を鳴らすという視点が面白い疾走感溢れる曲。
「メロウイエロウの街の灯に」は落ち着いたテンポで街の情景を綴った歌詞が味があって良い雰囲気。「ハゼイロノマチ」とリンクしているのだろうか。アウトロではCMとかでもよく聞かれるスコットランド民謡「麦畑」のメロディーを拝借しており、さらにノスタルジックな気分に。
「HEY BOY GOD LUCK」も前曲に引き続き「麦畑」のメロディーを含んだ親しみやすいメロディーを快活に歌う。
スペシャルサンクス的な意味合いのボーナストラックも勢いそのままに清々しい出来だったね。

言葉が汚いですけど、くっそカッコいい良盤。前身のハヌマーンと比べてしまうという話は前作レビューでグチグチと書きましたが、そんな懸念を吹き飛ばすような切れ味鋭いサウンドが展開されています。もともとJ-POP、歌謡曲のリスナーだった私としては、いわゆるロックンローラーなロックというものをあまり受け付けていなかったのですが、彼らの音楽は不思議と享受できるんですよね。このバンドが歌う街の景色は決して綺麗なものではないのですが、そのリアリティの中にある本当に輝いているものがチラッと見える瞬間が面白いと感じるのです。今作は、第4のメンバーであるウチダ氏による珍曲が出現しなかったのも良かったのか(笑)セルフタイトルにふさわしい仕上がりだと思います。

★★★★☆


ウチダ氏はガチで犯罪者予備軍に見える(おい)


category: アルバムレビュー

2014年5月度マイベスト10番外編 

次点など、もろもろ気になった曲を拾っていきます。例のごとく全組初登場です。


-- 続きを読む --

category: マイベスト

2014年5月度マイベスト10 

ダウンロード
今回は、Japanese Dream -we love jpop!-にて投票した、2014年5月度の楽曲マイベスト10を紹介します。
透明感と哀愁とピアノと歌謡曲が好きということがよく分かるセレクト。


-- 続きを読む --

category: マイベスト

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。