hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

TAMTAM「For Bored Dancers」 

For Bored Dancers
TAMTAM「For Bored Dancers」
2008年結成の男女5人組ダブバンド、TAMTAMのメジャー1stミニ。
前作「Polarize」の感想はこちら。若手随一の技巧派バンドも順当にメジャー入り。

「クライマクス」はリード曲。イントロの吸引力の高さがまさに最初からクライマックス。レゲエのリズムに振り切れた歌詞が乗り、なんとも気持ちが良い。
「デイドリーアンドマリー」はダークでウェットなボーカルの持ち味が発揮されている。"ダンスダンス夜を踊りな 真っ白なこの夜を"。うーん、絵になるねえ。
「シューゲイズ」はトランペットのソロから始まる特徴的なイントロから、感傷的で沈み込んでしまった感情を上手く表現している。程よい脱力感と虚無感に苛まれる。

「フリー」は幻想的なアレンジで夢うつつな感覚に浸れる。"パラダイス"と繰り返しているところあたりは、幽体離脱している時に聴こえてきそうな感じがする。非常に限られたシチュエーションだが。
「バイマイフューチャー」はエレクトロ寄りのアレンジで無常と輪廻が入り混じるようなテーマを歌う。ベースがかなり効いているね。
「トゥナイト」は今作で一番純粋にポジティブなテーマ。高音ボーカルによって生み出される高揚感。主張し過ぎないピアノアレンジも相まって思わず目を瞑って聴き続けていたい気分にさせられる。

邦楽におけるレゲエの立ち位置ってどうもガラの悪いイメージが先行していて、面白味を感じたことがないジャンルだったのですが、このバンドは全くもって切り口が違うんですよね。レゲエのイメージが変わりました。メジャーに来て派手さが増すのかと思いきや、渋みと円熟味が増して只者ならぬ風格がさらに備わってきましたね。『ダンス』に焦点を当てながら、無常観とか刹那的な含みを持つシンプルな歌詞とユラユラと心地よく揺れるレゲエのリズムの相性が抜群に良いです。ボーカルのkuroさんが吹くトランペットが哀愁があってこれまた良いです。これまでより手数を減らしているのに確実に印象に残るものを作ってきています。馴染みのないジャンルをポップに料理している好バンドの一角として、今後がますます楽しみな存在です。

★★★★☆


どうやって撮っているんだろう


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。