hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

Annabel「TALK」 

TALK 【初回限定盤】(DVD付)
Annabel「TALK」
アルゼンチン・ブエノスアイレス出身の女性歌手、Annabel(アナベル)の2nd。
アニソン系ですが、聴き逃さなくて良かったと心底思える良盤です。

「I.C」は感傷ベクトルの田口囁一の作曲。『泣き』を感じる澄んだボーカルから始まるロックナンバー。疾走感+センチメンタルの良い組合せ。
「混線と対話」は385(元School Food Punishment)の蓮尾理之の作曲(ベースは元SFPの山崎さん)。都会的なエレクトロロックぶりはまさにSFPそのもので興奮を禁じ得ない。江口亮さんと蓮尾さんの音楽性ってやはり近いものがあるのだけど、蓮尾さんの方が洗練と混沌を上手く共存させていると思う。何はともあれ良曲。
「指標」は以前から彼女のプロデュースをしていたmyuの作曲。ストリングス+打ち込みの切ない系の流れが続く。
「sky needle」はアコギとストリングスの組み合わせが晴れやかで爽やかな響き。まったりと癒される。

「CLOUDY」からはエレクトロ寄りのアレンジがしばらく続く。この曲は全英詞で浮遊感たっぷり。アニソンっぽさゼロ。
「Alternative」は深遠なエレクトロニカ的なアプローチ。こんなのがアニメのEDに使われているのか。クオリティ高いな。
「カラのなか」はハイスイノナサの照井順政の作曲。無機質でミニマルなピアノのフレーズがハイスイノナサそのもの。幻想的で緻密なアレンジに抜かりない。優秀な仕事ぶり。
「青に融ける」はテンポ早めで様々な音を散りばめたアレンジが面白い。サビの勢いも良いね。

「スプリンタートリップ」はクラムボンのミトの作曲。ダイナミックだけどハートフルな心地良さも感じるバンドサウンドがいかにもミトさんらしい。
「Dream Reverse」はRasmus Faberの作曲。全英詞でドリーミーな音使いが耳に優しい。
「未完成な星の住人」は再び蓮尾作曲。SFPで言うところの「sea-through communication」的な明るいポップ曲。アコースティックな音の使い方が秀逸。
「スモルワールドロップ」はやなぎなぎやChouchoが好きなら高い確率で反応するであろう可愛らしさと爽やかさが両立された良質ポップス。

作曲家陣からしてハマるべくしてハマった作品。「対象a」は知っていたのに、何故今までしっかり聴いていなかったのかと思ってしまうくらいでした。澄み切った清純系ボーカルとエレクトロサウンドが相まって実に気持ちの良い構成になっています。エレクトロロックだけでなく、エレクトロニカ系も歌っているのが魅力で、やなぎなぎとユニットを組んでいたことも合点がいきます。作曲家別に聴いてみると、元SFP蓮尾さん、ハイスイノナサ照井さんの楽曲は持ち味がしっかり出ており、彼らのファンであれば一聴の価値ありです。それとともに、前作からプロデュースしているmyuさんの貢献度がやはり高く、緻密なエレクトロサウンドという点で言えば、前に挙げた2人にも負けず劣らずな構成力の高さを持っています。アニソンですが、アニソンっぽいなと思わせる曲は全くないのでエレクトロ系+女性ボーカルに興味がある人には広くおススメしたいです。

★★★★★


ルックスも良いとか完璧にも程があるよ




スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。