hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

吉澤嘉代子「変身少女」 

変身少女
吉澤嘉代子「変身少女」
埼玉出身の女性シンガーソングライター、吉澤嘉代子のメジャー1stミニ。
前作「魔女図鑑」の感想はこちら。ファーストワンマンショウの感想はこちら
2013年の個人的新人賞がいよいよメジャーの舞台へ!

というわけで今作のレビュー予告を恐れ多くもご本人にしてみたところ…


こ、これは…頑張って書くしかない!!ということになりました。では1曲ずつレビューを。

「美少女」はリード曲。"恋がしたい 美少女になれたなら"と普遍的な女性の変身願望をテーマに描いており、真っ直ぐでピュアな感情がなんとも微笑ましい。楽曲は、懐かしさ漂う日本のポップス的なサウンドにさらに磨きがかかっている。バックバンドが目下活躍中の女性陣で固められており豪華ですね。(クレジットでは一部性転換させられている人もいるが…)
「チョベリグ」はひたすら愉快な歌詞についついにやけてしまう。このご時世に"チョベリグ"や"チョベリバ"を聴くことになるとは。何の脈絡もなくやって来る"そくてん"とか、彼女らしいコミカルさが出ていて好きだな。童心に帰るようにテンションが上がる。ただ、"あの子"の周りを"くるくる"と側転している姿を想像したら、ホラーっぽくも感じた(笑)
「ラブラブ」はタイトル通り"ラブラブ…"の応酬。まったり朗らかな気分になる曲だね。変に捻りを入れた部分もなく混じりっ気のないラブソングだけど、"ラブラブ…"のところが非常に印象に残る。

「きらい」は今作唯一のしっとり系。「ラブラブ」との対比で並べてある曲なのかと思ったけど、こちらはより複雑な感情や葛藤を表現している。『嫌い』と言っている曲の中で本当の意味で『嫌い』しか込められていない曲ってやっぱり少ないよね。人間って複雑な生き物なんだなーと思う。(なんだそれ)
「涙のイヤリング」はドゥーワップ風の陽気な七夕の曲。ボーカルの天真爛漫ぶりが目立つ。この曲に限ったことじゃないけど、語尾の伸ばし方が凄い好き。こういう歌い方ができる人はなかなかいないと思う。ライブで聴いた時と雰囲気違うなあと思っていたら、ライブでは別ver.を歌っていたのね。
「ひゅるリメンバー」は穏やかなラスト曲。どんな『メンバー』なんだろうと最初勘違いして聴いていたことはさておき、"ひゅるり"という言葉選びが実に良い。甘酸っぱさ、切なさ、爽やかさが同時に楽しめる魔法のワードだと気づかされました。

「きらい」以外の5曲はファーストワンマンショウで聴いていましたが、今作は彼女の持ち歌の中でも朗らかで明るい楽曲が集まった華のあるメジャー初作だと思います。前作以上に古き良き歌謡ポップスをなぞった楽曲が増えた印象ですが、彼女独自のフックのあるメロディーラインもしっかりと健在。曲ごとに変化するボーカルの振り切れ具合がより強力になりましたね。必死に歌い過ぎている人が多い昨今、こういう余裕のある歌い方ができるシンガーの存在は貴重です。楽しそうに歌っているのが伝わる、それだけでも実は凄いことなのではないかと思い知らされました。幅広い年代に受け入れられそうな作品に仕上がっています。今後にも大いに期待!

★★★★☆


金髪の方は誰かに似ているんだよなあ。誰だっけ?


category: アルバムレビュー

2014年3月度マイベスト10  

今回は、Japanese Dream -we love jpop!-にて投票した、2014年3月度の楽曲マイベスト10を紹介します。
過去の月間トップ獲得アーティストが4組+ベスト10常連組が多数エントリーした大激戦月。昨年もそうでしたが、3月って毎年活気がある気がします。


-- 続きを読む --

category: マイベスト

ゲスの極み乙女。「みんなノーマル」 

みんなノーマル
ゲスの極み乙女。「みんなノーマル」
2012年結成の男女4人組ヒップホッププログレバンド、ゲスの極み乙女。の3rdミニ。
前作「踊れないなら、ゲスになってしまえよ」の感想はこちら。今作でメジャー入り。ペース早過ぎるでしょ…

「パラレルスペック」はリード曲。これまでのリード曲と比べると若干円熟味というか落ち着きを感じさせるが、ダンスノリであることに変わりない。サビで微妙にセンチメンタルな空気漂わせるのが上手い。ズルいわ。
「サカナの心」はセンチ度2割増しくらいのメロディーが好き。"ゲス乙女"って公式で省略しちゃったよ。捻じ曲がった解釈をすれば、サカナクションと関係ありそうな詞に見えなくもないが…
「市民野郎」はシュプレヒコールの如くコーラスでオーオー歌っているサビが印象的。"ゲスな感情"がこんな綺麗に響き合うのかはさておき、ライブで謎の結束力を生むことは間違いなそうな曲。

「ノーマルアタマ」もリード曲。6曲しかないのに2曲もMV作るとかやはり勢いを感じる。構成が少々ごちゃごちゃしているのだが、キメるところはキメてメリハリはしっかりしているので聴いていて楽しい曲。アルバムタイトルでもある"みんなノーマル"という皮肉めいた歌詞が面白い。
「song3」はギター+シンセ主導のテンポ早めのロック。ベースの縦横無尽ぶりが凄いと思う。
「ユレルカレル」は冒頭の雰囲気からスローバラードタッチで来るのかと思いきや、サビは結構走る。詞がまとも過ぎてindigo la Endとの棲み分けがよく分からなくなるのだが、女性ボーカルをふと挿入できるのが強みか。

前作リリースからわずか5カ月。ボーカルの川谷絵音がindigo la Endでも活動している(というかこっちが先なんだけど)ことも考えれば、明らかにオーバーワークの果てに出来上がった作品だと思います。ただ、質は落ちていません。依然として上品と下品の狭間を行く絶妙なテクニックぶりと多様なジャンルをゲスく(?)吸収している様が随所に見られます。たまに大真面目な哀愁漂う曲を持って来たり、振り切れてバカばっかりやっているだけのバンドじゃないのが、後引く感じがして良いのでしょうか。当ブログもこういう芸風を目指したいと思います。

★★★★☆


ドラムのいこか嬢は若手バンド紹介で取り上げたマイクロコズムのメンバーでもあります。当時気づいていなかったんだけど。




category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。