hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

Cö shu Nie「オルグ」 

オルグ
Cö shu Nie「オルグ」
神戸出身の男女3人組バンド、Cö shu Nie(コシュニエ)の2nd。
なんだ、ただの天才か。

「レテへの行進」はカオスの権化のようなオープニング。宗教的な風合いも少しあり、何かを召喚するような勢いもある。"レテ"とは何かとか考える暇などもはや与えられていない。考えるな感じろの世界。何か近いもので例えられたらいいのだが、言葉が見つからんぞ。
「セータカノッポさん」は赤い公園も真っ青の早急なオルタナロックぶりが実に刺激的で、落ち着いて聴いていられる時間は皆無。後半がカッコいいのよ。
「燃える水槽」は"死に絶えてしまったように横たえた身体に カリフラワーが生えて緑を肥やすの"という冒頭の歌詞が好きな曲。テンポよくキュートにエモーショナルに突き進む展開が気持ちいい。
「ö=Simple is!」は正真正銘キュートでポップな曲。引き出し多いな。いつ覚醒するのかと身構えて聴いてしまったが、終始控えめなアレンジとボーカルに安心感が。間奏の小気味いいギター演奏が聴きどころ。歌い終わりが何かのCMソングみたいで妙に印象に残る。

「蓮沼の集会」はリード曲。開始20秒くらいでKO。何なんだこれは。突拍子もなく入るコーラスに壮大なクラシカルアレンジによるサビに鳥肌モノの感動。どこを切っても別の表情が出てくる不思議な金太郎飴のようじゃないか(例えが雑)
「家」はコーラスワークによって表現される深い海の底に沈んでいくような雰囲気の曲。うわー好きだ。でもタイトルは「家」というところがこれまた独創的。
「モナドノック」は弱めのボーカルとピアノのセットで構成されているシンプルな曲だが、ただのしっとり系で終わるはずもなく中盤はまがまがしい展開に。

余程のことでないとこういう言葉は使わないようにしているつもりですが、まさに天才ですね。1st以上に密度の高い音楽が出来ています。万人受けするとはお世辞にも言えないくらい、孤高な存在へとまた一歩ステップアップしております。人が歌う曲として成立しているのか理解できない高度なメロディーを、コーラスを交えて神聖に歌い上げるボーカルの力量。少々キュート要素が増した感じがしますね。何に影響されたらこんな音楽が作れるようになるのかやはり分からないが、変拍子慣れしていないと音に酔う(車酔い的な意味で)のではないかと。私は別の意味で酔いしれましたよ。兎にも角にもとんでもない逸材だと思うので、怖いもの聴きたさで彼らの世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょう。

★★★★★


パズルトレーラー。ただでさえ分かり辛いものがさらに分かり辛くなっております。


この不思議なキャラちょっと可愛いぞ。


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。