hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

Cö shu Nie「イドラ」 

イドラ
Cö shu Nie「イドラ」
神戸出身の男女3人組バンド、Cö shu Nie(コシュニエ)の1st。
新しいポップの形『ポストポップ』の時代の到来を告げる末恐ろしいバンドの登場です。

「ö=PERSON.」は神々しいコーラスワークから始まり、美しくも脆く儚いという彼らの音楽の特徴をよく捉えた曲になっている。
「平和記念品ローソク贈呈」はオルタナティブ、ポストロックの血を引く変拍子な展開にエモーショナルなボーカルが魅力。
「ビードロ鏡の絵について」は今作でも最も美しさに惚れ惚れした曲。繊細なボーカルとピアノの相性が非常に良い。なんて神聖なんだ。
「私とペットと電話線」は単体の動画が存在するし、リード曲と言って良いのかな。"正しい事が人を幸せにするとは限らない"という深いメッセージが一文記載されているだけで実際の歌詞は聴かないと分からない。展開が複雑なのだが、クセになって何度も聴いている。繰り返し聴きたくなるという褒め言葉以外に、どう表現したらよいものか。

「飛ぶ、柔い緑光に乗って」はschool food punishment好きは必聴のピアノが跳ねまわっている曲。安定と不安定の狭間を行くメロディーラインのまあ上手いこと上手いこと。歌詞が比較的わかりやすく瑞々しく前向きな気持ちになれる。というか他の曲はまるで理解できぬ。
「解放記念品ローソク消灯」は少々重たく長いイントロを経て、退廃的でありながら美しい世界に徐々に足を踏み入れていく雰囲気。
「swan song」はエレクトロニカのような導入から、バンドサウンドに移行してラストに向かうにつれて激情的になる展開にただただ息を呑むばかり。

新感覚。一聴してトリッキーでエキセントリックな音運びに翻弄されるが、ポストロックともプログレとも違う確固とした『ポップ』を感じる音楽性。どうやって曲作ってんだよと思わずツッコミを入れたくなるくらいフォーマットが定まっておらず、敷居の高さも感じてしまうのですが、聴き進めていくうちにメロディーの一つ一つが非常にキャッチーに出来ていることに気づきます。芸術性の高さからは若手バンドらしからぬ風格も感じます。先にも名前を挙げましたが、sfpに出会った時の衝撃に近いものを感じました。アート志向の高さや女性ボーカルの歌唱スキルの高さはもはやこちらの方が上手と言っても過言ではないです。また新たな音楽の扉を開いたような感動を覚えました。既に該当するバンドが彼ら以外にもいくつか出てきていますが、ポストポップというジャンル、是非覚えておいてください。

★★★★★


味見動画。これだけでも十分凄さが分かる。


アートワークが怖いとか言っている人は芸術の奥深さをまだ分かっていない人です。…怖いよね


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。