hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

rega「DISCUSS」 

DISCUSS
rega「DISCUSS」
愛媛出身の男性4人組インストロックバンド、regaのミニアルバム。
メンバーとスタッフの各人が楽曲制作した「1人1曲」体制で仕上げられた作品です。

『機敏』という意味を持つ「agility」はそのタイトル通り軽快。音が密に詰まった構造で次々と新しい展開へと移る様が痛快。
歪んだギターアンサンブルが息ピッタリで安定と不安定が入り混じるような「EQ」、スローでダウナーな空気を醸し出す序盤から中盤に向けて激しさを徐々に増していく「Faust」。
音を一つずつ置いていくようなシンプルでありながら巧みな技術が窺える「Goblin」はパーカッションの可愛らしさが好きだね。
「Romance」は不釣り合いなタイトルにも感じたが壮大さの中に複雑な部分もあって、意外とタイトルにマッチしているなあと手のひら返し。
『移住』という意味の「Migration」は冒頭のリフが印象深く何か牧歌的なイメージも焼き付けられる。第2楽章まであるよ。

ポストロック、マスロックというジャンルに入ってくるロックバンド。この界隈に詳しいわけではないですが、割りと聴くギターインストロックバンドの多くがこのジャンルに含まれている気がします。楽曲の展開予測の難しさや複雑性があるため、一曲ごとにどういう曲かという全体像を述べるのが非常に難しく匙を投げていますが、とりあえずカッコいいです。これまでの作品との比較で言えば、いぶし銀度合が増したずっしり骨太なサウンドを一曲一曲じっくり噛み締めることができたという印象。おそらく6曲という短いアルバムだったためかもしれないですが。難しいとは書きましたが、ポップスのような人懐っこい部分もあるのが彼らの面白い部分ではないかと。無機質に聴こえる音の中に人肌を感じるというか計算か自然体か分からない遊び心あるメロディーが不意に訪れるのが特徴だと思います。ギターインストロック系、何聴いたらいいか分からんよという人にもお薦めしやすい作品。

★★★★


オシャレですなー


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。