FC2ブログ

hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

CHEESE CAKE「C」 

C
CHEESE CAKE「C」
福岡出身の男女4人組ポップバンド、CHEESE CAKEのメジャー1stミニ。
閃光ライオット2009で準グランプリ、iTunes NEW ARTISTS 2013でも紹介されたバンドです。この枠では通算5組目のレビュー。

「オオカミ少年」はロックなイントロに始まり、ややテンション低めを維持し続けるボーカルが"ただ真っ直ぐに 歩いていたいのに"や"素直になって 笑っていたいのに"と余韻を残して歌うサビが印象的。アレンジのノリとの対比がなかなか。
「STATION」はちょっと南国気分を味わえるメロディーで"~ション"で韻を踏んだサビに心地よさを感じる曲。パーカッションが良い。歌詞には出ては来ないんだが、『バケーション』という感じも少々。
「君とSOS」はサビから導入され、歯切れ良いリズムでテンポよく進行していく曲。歌詞は電波ソング、ではなく"SOSと言う電波"で私と君が繋がっている的なもの。

「かげろう」は大人しいアレンジに気怠さも漂うが、"人見て笑うなよ 自分見て笑えよ"と力強いメッセージ。
「近すぎて」は流れが変わってキャッチーなノリに。口ずさみやすいし親しみやすい。
「ファンシー」は幻想的な雰囲気とノルタルジックさが相まったラスト曲。子どもと大人の境界に佇むようなコンセプトがこのバンドの一つの特徴だと思う。長めのアウトロも良いね。

少々あどけなさの残る女性ボーカルにしっかりとしたバンド演奏が乗っかるというスタイルは、いかにもチャットモンチー以降の邦ロックという印象を受けるが、飾り過ぎない素朴さみたいなのがある種の魅力に感じるバンドだなと思いました。ほんのり切ないメロディに芯の強いシンプルな言葉を重ねるのが特徴。今作は初音源化となる曲のみを収録したミニアルバムとなっており、先行シングルの「哀しみのブランコ」や「音の無い世界のうさぎ」が入らない仕様にしたのにはちょっと疑問が。この2曲は、華やかなメジャーデビューっぽさがあまりなく、ある意味インパクトがあっただけに、アルバムとして欲しかったなあ。これらを越えるような曲がなかったのでやや物足りなさはありましたが、彼らの魅力を感じるには十分なラインナップです。フルアルバムにも期待。

★★★★


メジャー入りしているが、どことなくインディーズ感があるMV


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村