hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

の子「神聖かまってちゃん」 

神聖かまってちゃん(初回限定盤)
の子「神聖かまってちゃん」
男女4人組ロックバンド神聖かまってちゃんのボーカル、の子のソロ1st。
神聖かまってちゃんの楽曲も多く収録されているセルフカバー集となっています。

各曲レビューをすっ飛ばしていきなりまとめに入りますが、選曲としてはほぼベスト盤と呼んでも遜色ない内容。代表曲「ロックンロールは鳴り止まないっ」、「23才の夏休み」、「美ちなる方へ」等は当然のことながら、オリジナルアルバム未収録のアニメ提供曲「Os-宇宙人」やシングル曲「夕方のピアノ」も今回初めてアルバムに収録されています。

肝心の楽曲については、これまでの宅録のローファイで粗さのある雰囲気が払拭されて非常に洗練を遂げている印象が強い。録音環境に関しては、これまでも良くなる方向に変遷しているわけだが。演奏陣もソロ名義ということでボーカル以外はオリジナルとは異なり非常に手堅い演奏が聴ける。アレンジに関してはそこまで大胆な変貌を遂げている曲はなく、原曲に至って忠実と言ったほうが当てはまる。初期のファンは宅録時代の音源が良かったと言う人もいるくらいなので、ここまで洗練され過ぎているとオリジナルバンドとしての良さをあえて削ってしまったようにも見えるが、彼はどのような意図をもってソロ活動を始めたのだろう。

そんな疑問も湧いてしまうのだが、曲そのものはやはり好きなものが多い。端的に言えば、狂気と凶暴性を帯びながら、美しくも儚い世界の演出が上手い。何かとキ○ガイじみた言動で話題を集めようとする人であるが、過ぎ去りし青春のような淡い哀愁の引き出し方が秀逸で実はやればできる人だと思っている。特に鍵盤の奏でるフレーズは久石譲の継承者かと思うくらい切なさが滲み出ている。個人的には「ベイビーレイニーデイリー」や「おっさんの夢」が好き。割りと画一したフレーズを使い回しているけど、一発響くものがあれば連鎖的にハマる要素はあるでしょう。

というわけで今作は何が飛び出すか分からないとされたソロ一作目ではあるのですが、かまってちゃん関連のアルバムの中でも極めて無難な内容です。なんか若干の肩すかしを食らったような、バンドを離れて内弁慶で大人しくなった感じもしたが…。まあ、彼らのアルバムを聴いていない方には入門編として最適な一作でしょう。

★★★★☆


今作収録のものはもっと聴きやすいです。


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。