hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

アルカラ「むにむにの樹」 

むにむにの樹(初回生産限定仕様~デジパック)
アルカラ「むにむにの樹」
神戸で結成された男性4人組ロックバンド、アルカラの6th。
おとぎ話をテーマに、これまでの作品に比肩する揺るぎない安定感を見せてくれた一作となっております。

「名探偵ミスタ相棒はジョニー」はリード曲。イントロから早速捻りが効いていて良いね。"名探偵ミスタ"と"相棒"の"ビーグル犬「ジョニー」"が事件を解決するというテーマ。そこまで細かいストーリー仕立ての曲ではない。中盤の歌詞に生真面目な部分が窺える。
「藤壺のキミ」はタイトル的に源氏物語から拝借していることは明白だが、古語的な言葉遣いの割りとシリアスな内容。アレンジ自体もおふざけなしの硬派な作り。
「おうさまと機関車」は前曲と打って変わって目まぐるしい展開の曲。大の大人が"シュポポー シュポポー"と歌っているが、そのインパクトは凄まじい。"機関車とばす"という歌詞がどう聴いても『きかんしゃトー○ス』と聞こえるのはもちろん狙いなのだろう。
「むにむにの樹のおはなし」はオリジナルストーリーのおとぎ話だが、どこかで聴いたような感じ。おっとりした曲調。特に深い意味を込めた歌詞もここでは存在せず、あれ?そんなベタなオチ?とお笑い目線的にはシビアな評価。

「踊れや吸血鬼」は歌謡成分が濃いめの曲。テーマの今更感こそあるが、コテコテなメロディーがやっぱりクセになってしまう。
「はとのさんぽ」はインスト曲。彼らの作品の中で最も安定している楽曲はインスト部門ではないかと常々思っているのだが、今回も良かった。ベタなフレーズをだいぶつぎ込んでいるのだが、バイオリンによるコミカルとセンチメンタルの狭間を行くメロディーラインが秀逸。
「ネコとおさかな」はネコとさかなのラブソング(?)。身分違いの恋、というか捕食-被食関係やんけ。面白いテーマである。さっぱりと歌いこなすボーカルが好印象。
「お花売りの少女」はタイトル的に『マッチ売り』が元ネタなんだろうけど、それにも匹敵する切実さを漂わせた曲。とことん真っ当を貫いた路線。

ボーナストラックは、スーパーファミコンでシムシティをやっていた子供時代を想起させる楽曲。カセットフーフー懐かしい。毎度ボーナスもしっかり作りこんでくるよなあ。本編以上に手が込んでる可能性が。「半径30cmの中を知らない」のフレーズが不意に飛び出した時に謎の感動が。そして最後のグダグダな会話シーンで見事にそれをぶち壊してくれるおまけつき(笑)

『ロック界の奇行師』として他バンドにはない独自の色をこれまでも見せてきたが、これほどまでに作風がぶれずにどのアルバムも秀作に仕上がっているバンドもそうはいないと思う。『奇行師』を名乗っているが、基本的に彼らは真面目だ。よりポピュラーな存在のスピッツの草野マサムネ氏の方が実はトリッキーなくらいである。今作はおとぎ話の世界をモチーフに、童心を大事にする反面、大人で真面目なメッセージに富んだ楽曲が並んでいる。意外と明確な回答を提示しているものは少なく、何かしらの余韻を残したところで留めている詞が多いのも特徴。この辺がただのコミックバンドとの大きな違いだろう。音楽面としては特に大きく志向が変わった様子はなく、歌謡曲、ポップスのリスナーにも馴染みやすいキャッチーなメロディーが中心。技術面も申し分ないし、メジャーシーンで売れる要素はいくらでもある。若手バンドの間でも兄貴分的な存在になりつつあるバンドであるが、さらなる飛躍を期待したい。

★★★★☆


よく観るとツッコミどころ満載。


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。