hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ecosystem「うしろの正面、ジレンマ」 

うしろの正面、ジレンマ(初回生産限定盤)(DVD付)
ecosystem「うしろの正面、ジレンマ」
大阪で結成された男女3人組ロックバンド、ecosystemのメジャー1st。
FLiPやUNLIMITSといったソニー系女性ボーカルバンドの一角として、男性顔負けのパフォーマンスが魅力的な存在。インディーズ時代から注目はしていましたが、今作はメジャー進出後初となる待望のアルバムです。

序盤はシングル曲を含めスタートからアクセル全開。
「secret」はノリの良いイントロから始まる非常に手堅いつかみ。後半のギアの変え方も盛り上がって良いですね。
「ジレンマ」はメジャーデビュー曲。これは一聴してインパクトが半端なかった記憶がある。サビが二段階あるような構成になっており、ボーカルのパワフルさと哀愁さが表裏一体となっておりグサッと突き刺さる。
「月夜のnet」はやけに欲望一直線な詞に攻めの姿勢を感じるが、歌謡成分も含んだ面白い曲。"パスワード"とか"鍵"だとかはエロには欠かせない要素ですね。"嫁になるまで"っていうフレーズが特に凄い。
「NO MAKE」はメジャー進出前のアルバムに収録されていた曲。ゆるいラップ調がメインであるが、関西弁の捲し立てるようなパートもあったりしてなかなか刺激が強い。"会社やめたい"ってOL目線なのか。

濃い曲がまだまだ続く。
「アンテナ」も純粋にカッコいいな。男性ボーカルバンドがそっくりそのまま歌っていても型にはまるような語気の強い曲だが、見事に歌い上げている。
「いただきます」はオリエンタルなメロディーがクセになる。よく分からん合いの手が入ったり妙にシュールな部分を含む詞であったり、カオス感満載で謎の多幸感を味わえる。
「UFO倶楽部」も出だしから洗脳されるような印象深いフレーズが。どこで刷り込まれたのか、キャトルミューティレーションされたのか知らんが、一聴してUFOが想起されるスペイシーサウンド。
「かくれんぼ」は最近の若手バンドが割りとよく用いるテーマな気がするが、何故なんだろうね。リアルタイムの共感ではなく、思い出としての共感を引き出したいのか普遍的なものとして歌詞のベースとして使われる印象が強い。反復される"もういいかい"にパンチのあるボーカルが重なる終盤は不思議な感覚に浸れる。
「大抵のストーリー」は比較的スローテンポな曲。あっけらかんとぶっちゃけた感じの詞。サビ終盤の歌い上げ方がここぞとばかりに力入ってるなあ。
「ぶらり」は前曲と対を成すような雰囲気でセンチ度MAX。ハスキーボイスがここぞとばかりに哀愁に拍車をかける。

ちょっとセンチになった矢先、終盤はまたテンションを上げていく。
「You know to die」もアルバム曲ながらシングル級にキャッチー。これはテンション上がりますわ。リフはどことなく時流に乗った既聴感のあるものではあるが、Aメロから続く語感の心地良さがとにかく素晴らしい。
「サメに喰われろ」はタイトル的に暴力温泉芸者の「鮫に喰われた娘」を思い出したが多分関係はない。「NO MAKE」に雰囲気は似ている。
「ラブレター・フロム・何か?」は和っぽいイントロから始まるシングル曲。中華っぽくもあるような。シングル勢は外れないね。百人一首のアニメって需要があるかよく分からんところにタイアップつけてるな…
「sola」はラスト曲でこちらもインディーズ時代のアルバムより。「境界線」を入れて欲しかったというのが本音なんだが、まあこれはこれで走り切った感じでしょうか。

女子離れしたガールズバンド。最近のロキノン界隈にもこういう肩書きをつけても遜色ないバンドがいくつかいるような気がする。このバンドは全曲ボーカルが作詞曲を手掛けているのだが、正直なところ女子が書く曲と言う感じがあまりしない。書き殴ったようなやや乱暴とも形容できる詞は好き嫌いが分かれるところかもしれないが、この飾らないストレートさは性別を超越した清々しさがあり、ボーカルの声質とも相性が良い。メロディーへの詞の乗せ方も素直に上手いと思う(曲先だとは思うが)。語りやラップに近いメロディーラインの挿入も独創的で、意外と来てほしいところにスッと入ってきて音の間に隙を与えないという印象を受けた。メジャー初作ということもあり、若干盛り込んで1時間越えてきたあたりは消化不良になるかならないかのギリギリのラインな気がしたが、次第に精査されてFLiPの3rdくらいのバランスが取れれば申し分なさそう。何はともあれ、勢いのある曲が多く、ダンサンブルでノリの良い、かつメロディーに歌謡要素を含むものが好きな方には自信を持ってお薦めできる作品です。

★★★★☆


なんかツッコミがしづらいな、このクオリティーは。


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。