hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ESNO「Visionary」 

Visionary
ESNO「Visionary」
1996年より活動している音楽家Kenichiro Nishihara(西原健一郎)によるソロプロジェクト、ESNOの1st。
私がまだ足を踏み入れて間もないジャンル、エレクトロニカの入門編としてお薦めしたい一作です。私自身が入門者なのでかなりユルいレビュー、というかただの紹介に近いです。

とりあえずどんな作品なのかは下記の通り。

エレクトロニカのその先へ。

Kenichiro Nishiharaによる、その音楽活動の源流ともいうべきエレクトロニカに重きをおいた
新プロジェクト「ESNO」が始動。

真骨頂である卓越したピアノのメロディーを基調としながらも、
多彩な音色が幻想的かつ哀愁感のあるドリーミーな世界を描く今作。

エレクトロニカ、ジャズ、ヒップホップ、ポストロック…etc
様々なジャンルを通過し自由で幅広い音楽性が交錯する、ジャジーミュージックの新たな可能性を追求した
1stアルバム「Visionary」(ヴィジョナリー)が完成。
デジタルとアナログが織り成す、心を掴むジャジー・エレクトロニカの誕生。

(公式サイトより引用)

はい、他力本願な説明でした。ということでひとえにエレクトロニカと言っても、それ以外の様々なジャンルの音楽が入り混じったほぼインスト作品になっています。どちらかと言うと広義のエレクトロニカみたいな。女性ボーカルが入る曲も多くありますが、正式な歌詞は存在せず他の音に溶け込んだ形で入っています。まさにボーカルも楽器の一部。私が特に好きなのは、表題曲の「Visionary」(下の動画)、「F.P.」、「PR」、「P.M.R.」の4曲。どちらかというとリズミカルでアッパー寄りでしょうか。それでいてどことなく哀愁を帯びた雰囲気を出した曲たちです。優しい音に包まれ、夢の中に安らかに入ることができる安心感も共存しています。



ちなみに、このブログをよく読んでいる奇特な方は気づいているかもしれませんが、今回のみジャケット画像がかなりデカいです。ずっと眺めていたくなるくらい好き過ぎて大きくしてみました。イラストを描いているのは、くまおり純さんという方で他のCDジャケットや書籍表紙のイラストも手掛けているイラストレーターです。幻想的で儚げで素晴らしいジャケットだと思います。楽曲との親和性ももちろん高い。ジャケ買いという趣味とは無縁な慎重派の私でも、今作はジャケ買いに近い感覚で入手したぐらいです。

あまり深入りしたことのない音楽であるのは確かだけど、自分の音楽遍歴としてピアノで久石譲や坂本龍一の曲を練習していた頃からの趣味が根底としてあるので、こういう癒し系の音楽には惹かれるものがありますね。日本人が作る肌理の細かい音楽はやっぱりジャンル問わず好き。スルーされることはあっても嫌いという人はあまりいないのではないかと言えそう。もっと一般的に広く浸透して欲しいと願う作品です。

★★★★☆


歌モノの方が好きという方はこちら。別作品ですが、若手女性ラッパーdaokoをボーカルに据えた楽曲。ウィスパーボイスに癒されまくる。


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。