hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ふぇのたす「2013ねん、なつ」 

2013ねん、なつ
ふぇのたす「2013ねん、なつ」
2012年結成の男女3人組ポップバンド、ふぇのたすの1stミニ。
相対性理論を発掘したGreat Huntingと、パスピエを発掘したCOCONOE RECORDSがタッグを組み、晴れて初の流通盤がリリースされました。今作リリースの話題が出る以前から注目していた存在でしたが、上記2組のバンドの名前まで出されるとこれは明らかにスルー厳禁だなと。

「スピーカーボーイ」は学校のチャイムのメロディーのようなイントロに始まり、ゆるふわ系と思わせて意外と捻りのある歌詞をボーカルのみこさんがキュートに歌い上げる。"なんでなんだろ 道具揃ってるのに使いこなせない人だらけ?"とか結構バシッと決めてくれる。
「ヘッドホンガール」は前曲と対のタイトルとなっている曲。一番好き。Perfumeの「レーザービーム」、きゃりーぱみゅぱみゅの「さいごのアイスクリーム」等々、数多くの曲で使われている定番の和風メロディーのサビはやっぱりハマるわ。コードまで共通しているかは分かってないけど、「えれくとりっくえんじぇぅ」や「Answer And Answer」もこの系譜のはず。全部お気に入りじゃん。
「東京おしゃれタウン」は"青山"、"代官山"、"赤坂"、"乃木坂"、"銀座"等々の東京のおしゃれな地名が出てくる曲。前2曲は捻りをきかしていたのが一転して、"おしゃれ"を連呼しまくるストレートさ。どう"おしゃれ"なのかをもうちょっと深掘りしても良かったかもね。
「たす+たす」は可愛いが極まり過ぎて聴いている側がおかしくなりそうな高中毒性曲。ボーカルが声優アイドルに比肩するくらいの破壊力。
「かわいいだけじゃダメみたい」はイントロ~Aメロがちょっとセンチさがあって良い。Bメロの男声ボーカル誰だよ(笑)相対性理論における真部コーラスを思い出す。とうとう自ら"可愛い可愛い"言っちゃたよ。いや可愛いよ、うん。
「タイムトラブル」はSFチックな歌詞でいかにも最近よく見かける不思議系バンドの匂い。"タイムマシン故障中で 空調も効かない"っていうのはあるあるですね。(ねーよ)

可愛い。もはやその一言に尽きる一作。きゃりーぱみゅぱみゅに代表されるkawaii文化の流れに乗って現れた、可愛いをこれでもかと言うくらい追求するバンドではないでしょうか。楽曲はエレクトロポップ主体でヤスタカの影響はやっぱり受けているのかな。チープで素人臭さもあるが、それはそれで味があるし全曲キャッチーを貫いていてリピート数多し。いい意味で脳細胞が破壊される系の音楽。いい意味で。清純派アイドル以上に可愛いが濃厚で、アキバ系な電波ソング一歩手前な感じも少しする。全曲の作詞曲を手掛けているヤマモトショウさんがこれまたくせ者っぽい。『かわいいとKawaiiの概念分析』なるコラムを書いているのだが、アカデミック方面に行き過ぎて途中で訳分からなくなった。でもこういう志向の人は好きなので、もっと可愛いを追求していってほしい。アイドルはあまり聴かないのに、こういうバンド系とかちょっと捻くれた感じのあるシンガーになったら途端に飛びつく私の思考回路はどうなっているのか。

★★★★


不覚にもモザイクにワロタ。


別バンドの曲ですが、この頃のみこさん良かったですね。


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。