hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

きくお「きくおミク3」 

きくおミク3
きくお「きくおミク3」
VOCALOIDプロデューサー、きくおのVOCALOID作品の3rd。
ボカロ作品のレビュー通算3作目。独自の世界を構築するボカロPの中でも一二を争うくらい好きなのがこのお方。幻想、狂気、独特の宗教観、死生観による唯一無二の世界にトリップさせてくれる怪盤です。

冒頭の「無重力になって」はわずか44秒のイントロだが、浮遊感と不安感が同居する良い始まり。
「愛して 愛して 愛して」は様々な音がキラキラと入る曲。と書けばなんだかワクワクしそうだが、狂気的に愛を求めるメンヘラな感じの曲。"呪いの首輪"というフィクションなワードを冒頭に出しておきながら、中盤から"いい成績"、"体育館裏"とか学校というリアリティのあるシチュエーションに持って行きノンフィクションとしてのホラー度を高める。
「しかばね音頭」は彼の得意ジャンルの一つであるメルヘンホラー曲。こちらはリアリティが一切なくスリラーやハロウィンな感じのノリで楽しめる。"チャチャ ウッ"が可愛いのは自明。

「真冬の娘」は純なラブソング解釈でよいのかよく分かっていないが、とりあえず寒さの中で死ぬというエンドを予期させて終わる曲。歌詞にそこまでパンチがないためか周りに比べるとインパクトが薄い。
「異形の精霊」は"精霊"に"メタモルフォーゼ"する可愛い系メルヘンチック曲。可愛いの押し売りな感じが同じくVOCALOIDプロデューサーをやっているMOL.の曲を思い出す。この人も好きですが。さりげないベースのフリーダムな仕事ぶりが良い。Dirty Projectorsに通じるものがそこはかとなく感じられる。結局、形を変えてもあなたを思い続けますみたいな詞だと解釈するとコワイわけだが。
「君はできない子」は既に動画投稿されていた曲。母子の関係を歌っているのかは分からないが、母性愛的なものを感じる。素朴なメロディーが素敵。歌詞解釈がいろいろできそうだが、終盤の展開にはストレートに切なさがこみ上げてくる。
「夜のうた」は"夜"をひたすらに連呼するサビが印象深い曲。なんぞこの中毒性。詞はかなり抽象的なので、何の歌なのかと訊かれたら「夜のうた」ですとしか答えようがない。闇夜を自由に飛び回る不思議体験。夜がゲシュタルト崩壊。

「てんしょう しょうてんしょう」はRPGのラスボス登場シーンに使われるような荘厳でリスナーを絶望の淵に追い詰めるような名曲。ダブステップも取り入れたトラックメイキングが抜群にカッコいい。si_kuさんのアートワークも凄まじい。詞には輪廻転生のような宗教観を感じるが、まずはそのサウンドにそそられる。初音ミクだから云々で敬遠しているような人にも是非お薦めしたい。好きか嫌いかは別にして心は揺り動かされるはず。
「ライ ライ ライ」は花たんというニコニコ動画の歌い手に提供した楽曲だったらしいが、それを初音ミクに歌わせている。これまた強烈。自暴自棄的で負のエネルギーをこれでもかというくらい発散させて"ゼロ"にしようとしている。アレンジが凶暴かつ複雑かつ流麗ってもう何なんですか。
「サクラノ後夜」はナノウの「サクラノ前夜」という曲に対する続編のような位置付けという明快なテーマの下制作されているのだが、やっぱり一筋縄ではいかないのが彼らしい。風景描写の美しさと人間の醜さが共存する世界。そこから"君と僕"の"ふたりの世界"に入り込んで…平たく言えばJ-POP的世界観と観念は相通じるところがあるのだが、この人が今更それをやると意味深度合が違ってくる。

あとは、「月の妖怪」、「メトロポリタン美術館」、「塵塵呪詛」という既発曲のRemix版が3曲入っている。「メトロポリタン美術館」は『みんなのうた』のあの曲です。確かにさらっとホラーなこの曲は彼の作風ともマッチしているのでは。多分、谷山浩子とも相性は良い。同曲をカバーしているやくしまるえつこと同じ路線ということか。他2曲は前作までにオリジナルが収録されている曲であり、それなりに良いのだが、オリジナルが良ければそれで十分という私の志向としては別の曲が入っていた方が満足できた。

サンホラほど無慈悲に人死にが続出するわけではないが、死を連想させる曲が非常に多いため、毛利蘭レベルの耐性がないと受け付けない可能性は十分ある。死というのを人生最後のイベントとして最もインパクトを持ったテーマであると捉えて曲を作っているような気がする。歌詞としてはその他にもネガ寄りな言葉選びが多いのだが、それらをネガなもの、忌み嫌うべきものとして捉えている節はほとんどないのが特徴的。死に対する恐怖心を煽るというより、死後の快楽に浸るような空想世界が描かれがちである。無生物である初音ミクが、現実の問題ではなくあくまでも幻想、妄想の世界ですよというオブラートに包む工程に一役買っているようにも思う。まあそれでもマジョリティになるかどうかは分からないが。
音楽的な部分はゲーム音楽の影響は本人談の通り明白だが、その他にもエレクトロニカ、アンビエント、ビート系と細分化し始めると私の手には負えないジャンルからの吸収率も高く、アウトプットとしては至ってポップに聴こえるようにしているのが実に上手い。自身がVOCALOIDで作りたいのはこういう音楽なのだろうが、おそらくニーズに対して様々な曲が書けるタイプの万能型の作曲家である可能性が高い。有象無象のVOCALOID動画の中でも異彩を放つ存在。VOCALOID入門としてお薦めするにはハードルではなく棒高跳びをやらせるくらい敷居は高いが、VOCALOIDに対するネガな先入観を持っている人に一泡吹かせることができると確信した一作。

★★★★☆


こんな奴に勝てっこねえよ…


category: アルバムレビュー

2013年6月度マイベスト10 

今回は、Japanese Dream -we love jpop!-にて投票した、2013年6月度の楽曲マイベスト10を紹介します。
レビューしている作品も多い月だったので激戦必至でしたが、一次候補60曲以上の中から厳選10曲をピックアップ(プラスいろいろ)。相変わらずJDの本流から外れたチョイスな気がしますが…

-- 続きを読む --

category: マイベスト

いきものがかり「I」 

I(初回生産限定盤)(DVD付)
いきものがかり「I」
神奈川出身の男女3人組ユニット、いきものがかりの6th。
超メジャー級アーティストのレビューは不思議と書くことが多くなります。

1~3曲目は水野作曲。いきものがかりらしさを築くシングル曲の大半は彼の作曲。
「笑顔」はポケモン映画主題歌。優等生的J-POPのまさにお手本のような曲。ポジティブソングだが押し付けがましくない。この一歩引いた感じはやはり上手いと言うべきか。終盤の転調とかも基本に忠実。お子様にも安心して聴かせられる。
「1 2 3 ~恋がはじまる~」もシングル曲。ウキウキしていいんじゃないでしょうか。これまた王道スタイルで、取り立てて拾うようなメロディーや詞が特にない。
「ぱぱぱ~や」はシングルでは絶対披露されないであろうアルバム曲らしいアルバム曲。オトナ路線なのだがギャグっぽくも聴こえて、どっちつかずな印象。いやギャグのつもりは元からないだろうけど。とりあえず5分もやる曲ではない。

4~6曲目は山下作曲。彼が作曲する4文字の作品は当たりが多い法則がある。水野氏より影響元がはっきりしているというか、純粋に歌謡曲的だからか知らないが、彼の作曲の方が好み。
「恋跡」は失恋ソング。太田裕美とかの70~80年代歌謡要素がやはり強い。
「ハルウタ」は当ブログでも出現率の高い江口亮アレンジ。彼は今作ではこの曲でしか仕事をしていない。なんということだ。今作で一番好きな曲。センチメンタルなフックが程よい。雰囲気的には「青春ライン」や「ブルーバード」に近い気がしたが、いずれも江口氏が編曲を担っている。どんだけ好きなんだ(笑)
「マイサンシャインストーリー」も車のCM曲としてお馴染み。キラキラしております。畳み掛けるサビが印象に残る。一続きに歌い上げる部分もなかなか。サビの最後の一音がその音なんだという意外性も若干あり。

「なんで」は水野作曲。なんで6分もあるのか。ゆったりした片想い系ラブソング。一本調子なのにこれだけ長尺で展開できる構成力に逆に感心する。そこまで"なんでなんで"を反復する必要があったのだろうか。
「あしたのそら」は山下作曲。カップリング曲なのか。「ハルウタ」に続いて好きな曲。カントリーとアイリッシュ要素のあるアレンジが素敵。本間さん編曲か。間奏部分とかはSeanNorthを思い出す。「結婚しようよ」も頭をよぎった。
「風乞うて花揺れる」はタイトルから和風曲を想像していたが、そうでもなかった。悪い曲ではないが穏当過ぎる印象。彼らに過激さを求めるのもナンセンスだが。これまた展開が大きく変わらないのに長め。
「MONSTAR」ははっちゃけ系のアルバム曲。こういうのも必ず入れることになっているのね。別にこれはポケモンとの関与はないよね。綴りを変えて捻った部分が曲の方からは伝わらず。

「恋愛小説」は歌謡曲一直線。懐かしいを通り越して古めかしい。これは意外にも水野作曲か。まあ結局二人とも源流はあまり変わらないんだろうな。
「東京」は聖恵さん作曲。派手さはないが意外と良い曲を作ると期待している存在。ただ今回はやけに古風で新しい風が吹いていない。神奈川から東京に行くだけで"Journey"を使う壮大さがある意味凄い。もっと遠くから来てる人はどうしたらいいんだ。
「風が吹いている」はオリンピックテーマソング。大曲主義ここに極まれり。もちろんオリンピックのハイライトを想定してのこの長さなんだろうけど。まさかもう紅白トリを務めるとはねえ…
ラストは「ぬくもり」。J-POPで散見されるワードが盛り込まれ過ぎていて全体的にぼやっとした印象。結局"「ありがとう」"って前もやってたでしょと。「風が吹いている」の壮大な締めでも十分このアルバムは成立していると思ったのだが、それでは駄目だったのだろうか。

メジャーデビュー以来、聴き続けているが、ホントに大きくなってしまったなあとしみじみ思う。老若男女に愛されるポップバンドとして紅白では紅組トリを務める等、2000年代後半以降、最も躍進を遂げたアーティストと言ってももはや過言ではない。アニメ、CM、ドラマ、映画、合唱、オリンピックと次々とタイアップの幅を広げてファン層を拡大していった様は圧巻だった。それらタイアップでその都度、新規のファンを増やしていき、オリジナルアルバムでまた違う一面を見せる。彼らのオリジナルアルバムはどこから入っても無理なく受け入れられるはずなので、新規ファンもさらに増やしやすいのが強みだと思う。
個人的には、ミディアムナンバーと呼ばれる類の曲がシングルとして立て続けに出るようになってから、正直なところちょっと冷め始めている。その感じは上述の感想を見てもお分かりかと思うが。結局、ミディアムって何なんだと。感情どこいったんやと。それは置いておいて今作の話だが、とりわけ何かが変化した様子はない。すこぶる安心な内容。新機軸と言われるような曲もこれといってなかったように思う。歌謡チックな曲がある意味挑戦だったようだが、以前からそういう曲はあったし、アルバム曲として良いアクセントを生んでいるジャンルとして既に認識している。あとは一曲ごとが長いのがやはり気になる。こことコブクロは長い印象が強い。オリジナルでは過去最長記録を更新している。真摯さは伝わるが箸休めももう少しあってもいいはず。

水野、山下両氏の作風の違いを聴き比べるのが楽しみ方の一つなわけだが、今作も割りと分かりやすく色が出ていた印象。水野氏はじっくり時間をかけるスタイル、山下氏は直感的で素早く作るスタイルで各々作曲をしていたと記憶している。水野氏の場合は、均整がとれていて構成もきちっとしたものが多く、アッパーでぶっ飛んだ雰囲気の曲であっても振り切れ過ぎない。山下氏は、ふと引っかかってくる良いフレーズが出てきやすいが、ハマらない曲はとことんハマらずに惰性の如く終わることもある。といった具合。ただし、ゆったりした曲になると両者の違いが見え辛くなる。水野氏作曲のシングル曲がいきものがかりの顔的な存在になっているが、山下氏の曲ももっとシングルにした方が変化に富んで面白いのではないかと前々から思っている。作詞と作曲を分業してみるのもアリかと。
ある意味、ここまで軌道に乗れば冒険をする必要性もないのかもしれず、ゆずやaikoに似た路線で安定した作風を貫くのが求められているのかもしれない。幅広いファン層を築くポテンシャルは例に挙げた2組以上だと思うので、今後も純然たる古き良きJ-POPの担い手として見守っていく所存です。

★★★☆


このレビュー自体が無駄に長いことは棚に上げておこう。


category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。