hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

Rails-Tereo「Piano Pop Life」 

Piano Pop Life
Rails-Tereo「Piano Pop Life」
大阪出身の男性SSWモリカワヒロシによるソロユニット、Rails-Tereoの2nd。
昨日のシカプーに続き男性ピアノポップをもう一本。紳士的なピアノマンといった感じの佇まいの弾き語りシンガーです。既にCM曲としていくつか採用されているそうだが知らなんだ。

「走り出す」はリード曲で爽やかな良い出だし。もっとピアノが飛んだり跳ねたりしても良かった気がする。他の音が強くて意外と目立たないので。「Walkin' 」で今度は歩き出す。タイトル的には面白い並び。久保田利伸や平井堅を自身の顔同様あっさりさせたようなテイスト。
「Dancin' in the darkness」はタイトル通りちょっとダーク路線で今作で一番印象に残った曲。これが一番ハマる私のような人にはこのアルバムは向いていない気がする。「Say Hello Say Goodbye」とかは特に新人らしからぬ趣きがある。そつがない。
「Precious」で眠気が最高潮に達する。このまどろんだ感じが心地よい。裏を返せば退屈とも言えるが物は言いようということで…「春色模様」は季節感があっていいですね。シンプルな恋愛詞よりも色が出やすいので積極的に取り入れていくと面白いはず。
ラストは「走り出す」の別アレンジ。オリジナル以上に軽快でノリのいいアレンジは別に悪くはないのだが、ピアノ一本のアレンジを持ってきた方が、らしさが出たのではないかと余計な小言。

私の好きな志向とは違うが、安眠用にはちょうどいいかもしれない。そういう意味では最後がちょっとやかましいのが玉にキズ。音楽に非日常的な刺激を求めている人には不向きだが、ガチャガチャとした喧騒的な曲よりも癒しがほしいという人には向いていると思います。KANさんとかの系譜になるのかな。
ぶっちゃけた話、評価が難しい。難しいとか書いている時点であまり良い方には転がることはないのだが。人柄の良さが楽曲にも滲み出ていて爽やかで心地よいと言えば心地よいのだが、それ以上の何かグサッと突き刺さるような揺り動かされるものが私には感じられなかった。アーティスト然とした爆発力にも少々欠ける。もちろん、あえてそういう難解芸術路線ではなくて万人に伝わる優しいものを作っているのは重々承知の上で書いていますが。"水清ければ魚棲まず"なんて言うと怒られるかもしれないが、こういう音楽を聴くとよくこの言葉を思い浮かべる。いかんなー、性根が腐ってるなあ。やっぱりアーティストとしては多少ひねくれている方が性に合うのです。一つの活動の仕方として、例えば末光篤のように職業作曲家的にシンガーへの楽曲提供を幅広く行うことで個性を強めていくのもアリかなと思ったりします。坂本真綾あたりなら相性は良さそうと勝手に妄想中。

★★★☆


漫才コンビの相方のような太めのダンサーが気になる。


スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。