hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

のあのわ「Cry Like a Monster」 

Cry Like a Monster
のあのわ「Cry Like a Monster」
チェロ弾きのボーカルを中心とした4人組楽団、のあのわの3rdフル。
フルアルバムとしては実に2年半ぶり、ドラム脱退後は初の作品となります。2011年はANESSAのCM曲にも選ばれてこれからの躍進が期待されたものの、音楽的には個性が薄くなった気がして個人的には不安には思っていたのですが、今作は原点回帰と新しい音楽性の開拓の両立に成功し、そうした不安を払拭した秀作だと思います。

ワイルドなアレンジで一気に盛り上がりを見せる「Hurry Up!」から好調な幕開け。「スクォンクの涙」、「もぐらは鳥になる」を彷彿とさせる出来栄えで早くものあのわ復活を予感させます。次の「バラ色のダンス」も雰囲気はこれまでの作風に近く"オーオー"言ってるコーラスが印象的。最近の私は"ダンス"と"光"という言葉に敏感になっている気がする。「スナイパーが狙ってる」は懐メロ的で可愛らしい。Aメロが好き。「SOUL STEP」もJ-POP的な語呂重視のサビに懐かしさがある。というか3~6曲目は懐メロゾーンなのか、でも彼らがやると新鮮な感じ。不思議!「うたかた」は若干オリエンタルも入っていていいですね。サビの昭和臭が何ともいえない。「うたかた」というタイトルの曲に外れなし。ポルノの曲をふと思い出した。あれは思いっきりオリエンタルでしたね。マイナーなピアノのフレーズから始まる「Core.」。あーもう大好き。アルバムタイトルとリンクしているわけではないらしいが、今作のリード曲的存在であることは間違いない「醜い怪物」。「スクォンク」と切り口は近いですが、これぞ幻想楽団のあのわの真骨頂。とにかく切ない。「ミッドナイトランナー」は打って変わって疾走感のある曲。これも懐かしさがある節回しがちょいちょい出てくる。"覆水盆に返らず"の意味を持つ「split milk」。別れの歌ですね。絶妙なセンチメンタルさ加減。「風に吹かれて」はピアノ伴奏のみのしっとり曲。高音ボーカルにグッとくる。やっぱりYukkoさん上手いわ。"夢が恥へと変わっても"って締めがすごい。ラストは壮大で前向きな「I AM HERE」。次への一歩を踏み出している感じですね。

ファンタジックな言葉選びが多いですが、物語にどっぷり浸るわけではなく現実的な力強いメッセージがこもっているのあのわワールド。"怪物のように泣く"というタイトル通り"泣く"に焦点が当たっている曲が多いです。悲哀を込めたバラードみたいな曲はほとんどないのに、全体的に泣きの要素を強く感じさせるのが実に上手い。あーこういう曲作ってみたい。Yukkoさんのボーカルも一段とスキルアップし、さらに魅力的になった気がします。昨今の声が可愛い系ボーカルでは頭一つ抜けてますね。サウンド面ではドラムの脱退は痛かったですが、各メンバーの作曲能力が高くアレンジにも個性が出ているので一安心。過去2作のフルアルバムと比べると圧倒的なキラーチューン不在と言えなくもないですが、全体的な構成はこれまで以上にバランスがいいと思います。

★★★★☆




スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。