hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

やくしまるえつこ「RADIO ONSEN EUTOPIA」 

RADIO ONSEN EUTOPIA
やくしまるえつこ「RADIO ONSEN EUTOPIA」
相対性理論のボーカル、やくしまるえつこのソロ名義としては初のフルアルバム。
ソロ活動開始から3年半を経て待ちに待ったアルバムがやってきました。昨年のクリスマスにオンエアされたNHK-FMの番組でセッションした楽曲+αを収録しています。収録曲はこれまでリリースしたシングル曲に加え、自身も楽曲提供した「NHKみんなのうた」から過去の名曲のカバーも含まれています。私も一人寂しく当時この放送を聴いており、なんとクオリティーの高いスタジオセッションだろうと充実した1時間を過ごしたのを覚えていますが、これがまさか事実上の1stフルになるとは。

楽曲の内訳はシングルから7曲、みんなのうたから5曲。個人的には「おやすみパラドックス」や「ルル」も聴きたかったが、それだとベスト盤に限りなく近くなってしまいますからね。多分「ルル」に至ってはタイトルがNHK的にグレーだったのかも。みんなのうたの絵本的な世界観とまるえつのシュール可愛いな世界観は見事にマッチしていましたね。全編みんなのうたのカバーアルバムを出してもおかしくない。そういう意味では選曲が中途半端で新曲も欲しかったなあとも思いましたが、そんな不満も吹き飛ばすくらいアルバムの完成度は高いです。スタジオ録りという一風変わった空気が作品にいい緊張感を与え、高い演奏技術に裏打ちされた緻密さとライブの"生"な感じが渾然一体となった傑作です。

1曲目の「ノルニル」はオリジナルではオーケストラアレンジで、スタジオセッションのため音数は減らされていますが、魅力は不変。彼女の曲の中では珍しくユルさよりも緊迫感にウェイトがある曲ではないかと思います。ほかの曲以上に必死で歌っているような感じもなんか良い。中盤"ランラランラ~"とナウシカレクイエムみたいなのが入るなど、7分超えの大作ながら全く飽きる要素がない曲展開。谷山浩子の「恋するニワトリ」。超俺得。もうこれはニヤニヤせざるを得ない組み合わせ。まるえつも多分谷山さんの影響を受けているはずなので相性はやっぱりよいと思います。純粋に可愛い。「ヴィーナスとジーザス」、「COSMOS vs ALIEN」と荒川アニメOPが連発。この2曲は語感が凄まじく心地よい。「COSMOS vs ALIEN」は放送では流れなかった曲でしたが、アウトロで思いっ切り深遠な雰囲気を醸し出して変化をつけてきましたね。超有名曲「北風小僧の寒太郎」の伴奏は大友良英のギターのみというシンプルなアレンジ。"ルンルンルン"が可愛いです。あざと過ぎます。「ヤミヤミ」は本家みんなのうたにも採用された曲。どう考えても谷山浩子です。本当にありがとうございました。得たいの知れないちょっぴりホラーな感じは名曲「まっくら森の歌」などを彷彿とさせます。終盤の演奏が急にカオスチックになる演出が憎らしい(笑)「少年よ我に帰れ」も元々オーケストラ形態の曲で、4分くらいからの展開が好きです。フルートの音色にも癒されます。「キャベツUFO」と「ラジャ・マハラジャー」はこれまで原曲を知らなかった曲。「キャベツUFO」はウィスパー度MAX。よくよく聴くと変な歌詞だなあ。土岐麻子もカバーしてたんだ。「ラジャ・マハラジャー」は原曲は戸川純が歌ってたのか。アバンギャルドさに関してはNHKは今も昔もすごいと思います。トリビアでも有名な「ニャホニャホタマクロー」の歌の原曲でもあることも今更知りました。「ときめきハッカー」はインターネット時代の現代的な言葉選びにダンサンブルなサウンド。またしても最後があざとい。卑怯です(笑)大貫妙子の「メトロポリタン美術館」。これもさりげなく怖いことが起こっている名曲。メルヘンとホラーは紙一重なのです。最後の「ロンリープラネット」は9分越えの大作。今作のタイトルであるラジオ、交信がテーマとなっています。宇宙規模のスケール感、ふっと湧いて出てくる庶民感覚、理系っぽいアカデミックさ等々が凝縮された怪曲。まるえつ恐ろしい子。

音楽と最先端テクノロジーの融合という現代音楽的な新たな芸術に挑戦し続けている彼女。楽曲そのものはオーソドックスなJ-POPやアニソンの類とあまり変わりはないかもしれません。ただのコミックソングとして捉えるか、深遠な意味を持つアートと見るかでだいぶ印象が変わってきます。多くの"大人たち"が彼女のそうした不思議な魅力に吸い寄せられており、それによって彼女自身の格もより上がっているように思います。もともと才能があるのは認めますが、人脈形成においてもかなりの策士ではないかと思ってしまいますね。相対性理論として新風を巻き起こして早5年。新体制となって初となるアルバムもリリースされることが先日発表されました。個人的には真部×まるえつあっての理論かと思っているだけに、そこを払拭できるか大いに期待しています。

★★★★★






category: アルバムレビュー

2013年3月度マイベスト20 

今回はJapanese Dreamにて投票した2013年3月度マイベスト20をご紹介します。
気になるアルバムも大量にリリースされ、エントリー曲からも新たに知った面白い人がたくさんいたので選曲が難航。ということで今回は20曲発表します。別にテーマを決めているわけではないですが、だいぶ毒々しい選曲になってしまった…

-- 続きを読む --

category: マイベスト

気になる音楽情報~高濃度歌謡曲系楽団 

最近各所で新たに知った人を中心に、実に濃ゆい音楽をやっているバンド5組を一気に並べてみたくなったので紹介します。歌謡曲成分高め。
悪趣味ぶりが炸裂した感もありますが、そんなことは気にしない。

●少女Q
都内を中心に活動する5人組歌謡オペレッタ楽団。
大正ロマンや昭和モダンといったレトロな雰囲気がなんとも魅力的。熱唱オンエアバトルとかに出ていた歌姫楽団を思い出しました。今回紹介した中では最もオーソドックスな音楽。完全に絶望先生の世界ですね。あとボーカルは美人だと思います。



●実験台モルモット
切ナ色歌謡ロックバンドと称される5人組バンド。
バンド名からして穏やかではない。可愛いけど怖い絵本のようなアートワークと、歌謡曲的なメロディーに乗る刺激の強い歌詞が特徴的。女装している男性ボーカルはヴィジュアル系チックで艶っぽいです。ダークすぎる詞は聴く人をかなり選ぶのではないでしょうか。



●オーラルヴァンパイア
ボーカルのEXO-CHIKAとサウンドプロデューサーのRAVEMANによって結成され、現在は6人組となったインダストリアル歌謡バンド。
この人たちは最近知ったわけでもないのですが、このメンツだから入れても違和感ないなと思いましてあえてご紹介。アリプロが一般人の立ち入る隙のない世界であるのに対し、彼らはいい意味でB級ホラー的で、ツッコミ待ちレベルの支離滅裂な歌詞に歌謡曲メロディーという珍妙な組み合わせで凄まじい個性を放っています。日本よりも海外で人気があるようですね。なんだこのMVは(笑)



●アカシアオルケスタ
ボーカルの藤原岬を中心に大阪で結成された4人組バンド。
最近、過去に出たアルバムを聴いてみたのですが、バンド全体の演奏技術とボーカルの歌唱力に驚かされました。歌謡曲以外にも様々な音楽をベースにしており引き出しの多さが窺えます。ピアノがはねた曲が多いのも良い感じ。黒木渚が売れるのであれば、こっちも売れてもおかしくないような。さらに知名度が上がる日も近いかも。



●泥陀羅
これで"デイダラ"と読む。コンポーザーの団長とボーカルのフミコウの2人から成るデジタルシンフォニックバンド。
妖しく力強い女性ボーカルに、デジタルかつ和を感じるアレンジによるスケールのデカい楽曲が特徴。只者ではない感じがMVを観ても伝わってきます。石川智晶やサンホラ等の民族風音楽が好きな人ならハマるかもしれません。本ブログを見て頂いた方のブログを拝見した時に初めて知ったのですがCD欲しくなってしまいました。


category: 音楽ネタ

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。