hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

7!!「ドキドキ」 

ドキドキ
7!!「ドキドキ」
沖縄出身・在住の男女4人組バンド、7!!(セブンウップス)の1st。
恋愛詞中心で音楽的にもJ-POPの王道を突き進んでいるバンド。Epic Recordsの所属ということで、いろいろな面で同レーベルのいきものがかりと類似点があるような気がします。例えば、作詞曲ともに男性陣の方が比率が高く女性目線の曲が多い点とか。決して評価が低いわけではないですが、個人的に甘い恋愛詞が苦手で辛辣レビューになりがちなのでご容赦下さい。

冒頭の表題曲「ドキドキ」から眩しいくらいの恋のキラキラモード全開。青春恋愛映画のテーマソング「弱虫さん」は映画のイメージ通りキュンキュンくる曲。この年になるとある意味聴くのが辛い…切なさも若干感じるサビはユンナの「もっとふたりで」と雰囲気が似ている。ヘタなアイドルソングよりもキャッチーで存在感はありますね。「ラヴァーズ」は疾走感があるアニメタイアップ曲。サビは途中まではいいんだけど、後半の"夏の空~"から節に少し違和感があるのは気のせいか。同じくアニメタイアップの「さよならメモリー」も勢い重視の曲。"光れ"や"回れ"の意図していることがいまいち理解できないがあまり気にしてはいけない。個人的には6曲目の「虹色」まででほぼ好きな曲が出尽くした感じ。「君と私のバラード」はバラードのカテゴリーに入るのか疑ってしまう。次の「スノーマン」をさらにしっとりさせた曲とかも作れたらメリハリが出るかもしれません。後半で一番気になったのはちょっとaikoっぽい「ブランコ」。ラストの「バイバイ」で"マイナス1℃の雨が降る"とようやく詩っぽい詞が出る。過冷却か何か?失礼、冷たい涙ということですね。

出身地の沖縄の要素も特に取り入れてなく、独創性に関しては少々魅力が薄いですが、ボーカルは可愛いらしく歌唱力も及第点、楽曲もJ-POPの常套的表現こそ目立つが安定はしているので、タイアップ次第では売れそうな予感がします。まあすでに勢いがあってこのアルバムのリリースに至っている気もしますが、明らかにネックなのはバンド名が初見では確実に読めないということでしょうか。"いきもの"はその点ではずば抜けて親しみしやすかった。いろいろ他アーティストを引き合いに出してアレですが、大塚愛、mihimaruGT、GReeeeN等々、アイドル台頭以前の00年代中盤あたりの売れっ子が好きならハマるはず。余談ですが、バンド内の女性メンバー2人の生年月日が全く同じって割りと珍しいんじゃないかと。

★★★★




スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。