hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

SOARING「Kijaku」 

Kijaku
SOARING「Kijaku」
2010年結成の男女2人組ユニット、SOARINGの2nd。
『エレクトロニカと生楽器を調和させた美しくシネマティックな音世界』とアーティスト紹介では評されており、エレクトロニカや音響系の要素もふんだんに盛り込まれているのが特徴です。エレクトロニカと言うと深遠さやある種の敷居の高さを感じる方もいるとは思いますが、ポップスとしてもとっつきやすい曲が非常に多いと思います。現に私もこのジャンルはほとんど未開拓で、ようやくAureoleとかを聴き始めた次第ですが、彼らの作品はかなり聴きやすいなと感じました。

冒頭の「Night Parade」は今作で最もJ-POPライクな楽曲。J-POP的とは言っても音の作りが非常に緻密かつ余白もしっかり取っている巧みなアレンジ。MVもあるのですが、一般に広く知ってもらう曲としては一番良い選曲ですね。ただこの曲は彼らを知る入口に過ぎない、とすら言えるくらい次からの流れがすごい。美しい情景とともに、じわじわと哀愁の波が押し寄せてくる感じ。ミニマルなピアノのフレーズが印象深い「Ship」。アレンジは抑えめで女性コーラスが前面に出ている「bamboo」。「River」もピアノアレンジとコーラスが美しい。メロディーだけ抜き取っても日本人の琴線に触れやすいフレーズが多いです。カントリー調の「Go Anywhere」はなんだか切なくなるメロディーが好きで、ギターだけでも十分なアレンジがさらに肉付けされることによってより完成度を増しています。インタールード的なインスト曲「Prelude」を挟んでからの「Rondo」。個人的にはここがアルバムのピーク。パーカッションによって動と静を表現したメリハリある曲展開もさることながら、平静から弾けるように動きを見せるアウトロも素晴らしい。終盤の3曲は前半とは少し色が異なる雰囲気。クラブミュージック的な雰囲気の「Heart」。シンプルなメロディーながらアレンジの多彩さが際立つ「Picture at Park」。「Universe」はラストながらテンポ早め。この曲だけ聴くとホントに日本人が作ったのか疑うレベル。

インストに近い深みのある音楽と歌モノポップスの絶妙な融合という点で言えば、School Food Punishmentの「school food is good food」を聴いた時の感動に近いものがありました。歌詞がどうこうとかの議論をする意味を感じさせないくらい音に没頭できる良さがあります。洋邦問わず、北欧風、エレクトロニカ、シューゲイザー、またはKOKIAあたりの幻想的アニソン・ゲーソン等が好きな方にお薦めしたい一作。

★★★★☆




スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。