hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

KEYTALK「ONE SHOT WONDER」 

ONE SHOT WONDER
KEYTALK「ONE SHOT WONDER」
2009年結成のツインボーカル4人組バンド、KEYTALKの1stフル。
最近の若手バンドの中でも最もキャッチーな音を鳴らしているのは彼らではないかと思っています。ダンサンブルでポップス要素も強い、いわゆるノリのいい楽曲を得意とするバンドです。これまで出された2枚のミニアルバムも非常に良い出来だったので、初のフルアルバムである今作への期待もかなり大きかったのですが…

1曲目の「UNITY」はスタートダッシュとしては勢いがあって良い選曲。
リード曲の「fiction escape」はこれまでのリード曲よりも軽めのポップな曲。この曲に代表されるように音が全体的に軽くなった感じがします。ツインボーカルという個性はどんどん伸ばしていってほしいですね。ちなみに草食系なボーカルが首藤氏、ちょっとヴィジュアル系が入っていると思うのは寺中氏。ラジオで初めて「消えていくよ」を聴いた時はヴィジュアル系のバンドかと思いましたよ。
「S.H.S.S.」は首藤さんの高音ボーカルが拝める疾走感溢れる曲。サビの盛り上がり方とかアニメあたりのタイアップで使われたら一気にハネそうなんだけどな…
以上3曲は個人的にお気に入り。問題はその他。
キャッチーはキャッチーなんですが、あまりにもベタに行き過ぎてる曲がちらほら。
「祭りこぞう」はタイトル通り"祭り"をモチーフにしているのはいいのですが、あまりにもまんま過ぎる。
「ブザービーター」は既聴感ありまくり。「summer tail」は"ゆず"で脳内再生余裕でした。

これまでの彼らの作品ではそこまで感じなかったJ-POP要素が、今作になってかなり色濃く出てきた印象が強いです。特に後半はインパクトを残すような曲がほとんどなかったのが残念。なぜEPに収録されている「MABOROSHI SUMMER」や「太陽系リフレイン」を入れなかったのだろう。あと気になるのは再生時間4分を超える曲がラストの1曲しかないという点。瞬発力がある意味彼らの売りではあるのですが、テクニカルな演奏を見せるという意味でも「消えていくよ」みたいな間奏を長くとってみたり、もう少し大曲にもチャレンジしてみたら面白いのではないでしょうか。とりあえず悲壮感のある曲とかは一切ない勢いのある構成で、頭空っぽにしたい時にさらっと聴ける一作。

★★★★




スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。