hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

高橋優「僕らの平成ロックンロール②」 

僕らの平成ロックンロール2(初回盤)
高橋優「僕らの平成ロックンロール②」
リアルタイム・シンガーソングライター、高橋優の2ndミニ。
インディーズ時代の「僕らの平成ロックンロール」の続編という位置づけでリリースされた作品です。
その第1弾の方を私はまだ聴けていないのでそことの比較は語れませんが、なかなか粒揃いの一枚になっていると思います。

"面倒臭ぇ!"という強烈な歌詞が印象的な「ボーリング」。なぜタイトルが「ボーリング」なのか。名前考えるのも面倒臭かったのだろうか。私も"努力しなくてもプロフェッショナルになりたい"。
「今、君に会いにいく」は、"それにしてもこの高橋、ノリノリである"と言われ兼ねないゴキゲンなナンバー。
「昨日の涙と、今日のハミング」は歌で表現するのはおそらく難しいであろう"平凡さ"を上手く表現しています。この人にとってはこの辺は得意分野か。
低めのテンションで低音で歌う「発明品」は彼のリアルタイムを切り取る視点がよく反映されていて面白い。便利なことは幸せなことなのだろうかというスマホ普及時代への問いかけと取れる一曲。
最後の「I LOVE YOU」は割りとベタな表現だしクサいっちゃクサいのですが、結局今作まるっと総括したら、言いたいことは"I LOVE YOU"に集約されるという解釈でいいんですかね。

彼のストレートな歌詞には、痒いところに手が届くと言いますか、言葉にしてわざわざ表しもしないけれど、頭の中ではぼんやりと浮かんでいたようなことを、シンプルに表現してくれるような部分があって面白いんですよね。今作は恋愛詞がメインでベタな部分も多く、これがロックンロールなのかと問われればどうなのかなとも思いましたが、コンセプチュアルなアルバムとしてはしっかり成立していると思います。

★★★★

スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。