hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

No Music No Life 

本記事をもって、当ブログの更新を最後にします。

宇宙ネコさんの企画「No Music No Life Question」をベースにしました。

かつてない自分語りな記事になりましたが、とても楽しかったです。


-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 音楽ネタ

夏の音楽特番に思うこと 

珍しくレビューではない音楽関連の雑感です。
ここ約1週間(6/29~7/7)、各テレビ局の夏の音楽特番がやけにひしめき合っているので、思うことをだらだらと。要はテレビ批評です。

各局の音楽特番はこんな感じです。
日本テレビ系:THE MUSIC DAY 音楽のちから(7/6~7)
TBS系:音楽の日(6/29)
フジテレビ系:HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP(7/1)
テレビ朝日系:ミュージックステーションSP 夏のスーパーライブ(7/5)
※フジはFNSうたの夏まつりの方が主かもしれないが。

-- 続きを読む --

category: 音楽ネタ

気になる音楽情報~高濃度歌謡曲系楽団 

最近各所で新たに知った人を中心に、実に濃ゆい音楽をやっているバンド5組を一気に並べてみたくなったので紹介します。歌謡曲成分高め。
悪趣味ぶりが炸裂した感もありますが、そんなことは気にしない。

●少女Q
都内を中心に活動する5人組歌謡オペレッタ楽団。
大正ロマンや昭和モダンといったレトロな雰囲気がなんとも魅力的。熱唱オンエアバトルとかに出ていた歌姫楽団を思い出しました。今回紹介した中では最もオーソドックスな音楽。完全に絶望先生の世界ですね。あとボーカルは美人だと思います。



●実験台モルモット
切ナ色歌謡ロックバンドと称される5人組バンド。
バンド名からして穏やかではない。可愛いけど怖い絵本のようなアートワークと、歌謡曲的なメロディーに乗る刺激の強い歌詞が特徴的。女装している男性ボーカルはヴィジュアル系チックで艶っぽいです。ダークすぎる詞は聴く人をかなり選ぶのではないでしょうか。



●オーラルヴァンパイア
ボーカルのEXO-CHIKAとサウンドプロデューサーのRAVEMANによって結成され、現在は6人組となったインダストリアル歌謡バンド。
この人たちは最近知ったわけでもないのですが、このメンツだから入れても違和感ないなと思いましてあえてご紹介。アリプロが一般人の立ち入る隙のない世界であるのに対し、彼らはいい意味でB級ホラー的で、ツッコミ待ちレベルの支離滅裂な歌詞に歌謡曲メロディーという珍妙な組み合わせで凄まじい個性を放っています。日本よりも海外で人気があるようですね。なんだこのMVは(笑)



●アカシアオルケスタ
ボーカルの藤原岬を中心に大阪で結成された4人組バンド。
最近、過去に出たアルバムを聴いてみたのですが、バンド全体の演奏技術とボーカルの歌唱力に驚かされました。歌謡曲以外にも様々な音楽をベースにしており引き出しの多さが窺えます。ピアノがはねた曲が多いのも良い感じ。黒木渚が売れるのであれば、こっちも売れてもおかしくないような。さらに知名度が上がる日も近いかも。



●泥陀羅
これで"デイダラ"と読む。コンポーザーの団長とボーカルのフミコウの2人から成るデジタルシンフォニックバンド。
妖しく力強い女性ボーカルに、デジタルかつ和を感じるアレンジによるスケールのデカい楽曲が特徴。只者ではない感じがMVを観ても伝わってきます。石川智晶やサンホラ等の民族風音楽が好きな人ならハマるかもしれません。本ブログを見て頂いた方のブログを拝見した時に初めて知ったのですがCD欲しくなってしまいました。


category: 音楽ネタ

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村